月別アーカイブ: 2001年9月

八方美人

 今から10年近く前の話だ。
 平成3年11月4日、「文化の日」の振替休日。
 電車に乗っていると中学生と思われる女の子二人が話し合っていた。

    A子「ねー、B子。C子ったらホント頭に来ちゃうんだよ!」
    B子「えー、どうして?」
    A子「この間さー、みんなで学園祭に行こうって話してて、C子も誘ったの。」
    B子「それで?」
    A子「「D子さん達と行く約束したの」って言うから、私どこの学園祭に行くか聞いたの。そしたら、私達と同じ所行くから、「向こうで会うかもしれないね」って、言ってたくせに違う学園祭に行ったんだって。頭来ちゃう!」
    B子「?」
    A子「それなのに、C子ったらなれなれしいのよ!私のこと「Aちゃん」何て名前で呼ぶのよ。」
    B子「いいじゃない、同じクラスの子なんだから。」
    A子「嫌なの!私は仲良しの子としか、話ししたくないの。」
    B子「おかしいよ!そんなの。」
    A子「じゃー、八方美人に誰とでも仲良くしろって言うの!嫌よそんなの!」

 私は、その時「八方美人っていうのは、そんな使いからをする言葉じゃない!お前みたいなこの前までランドセルしょってたやつが、ませた口きくんじゃない!」と、意見してやりたかったが、喉まで出かかって辞めた。

続きを読む 八方美人

外人

 日本では外国から来た人のことを「外国人」または、もう少し省略して「外人」と呼ぶことが有る。
 意味はほとんど同じだと思うが「外人」の場合は「外人さん」と多少ではあるが「外国人」というより堅苦しくないイメージがあるのだが、いかがだろうか?
 韓国語でも「外国人」は全く同じ漢字語を使って「外国人」と書く。

외국인 oe-gug-in「外国人」

 韓国に行くと、扉にこんな事が書いてあることがあるという。

外人出入禁止 ※ もちろんハングル

 おい!この部屋は外国人の出入りを禁止するって言うのか!と、思ったら大きな勘違いらしい。
 つまり「外人」とは日本人の考える「外国人の省略語」ではなく

部外者出入り禁止

と言う意味だそうだ。

続きを読む 外人

出ろ!!

 片言の日本語を習った先生が、日本に来たばかりの頃、ちょっぴり恥ずかしい勘違いをしたと言う。
 駅やデパートに、客を客とも思わない、ずいぶんぞんざいな言葉がいっぱい書いてあったというのだ。
 それが「出ろ」である。
 先生がどんな勘違いをしたか、御判りだろうか?

 答えは「出口(でぐち)」の「口」と言う漢字を、カタカナの「ロ」と勘違いしたからである。
 なまじ外国語をかじると、時にはへんてこりんな誤解をしてしまうことが有るということだ。

続きを読む 出ろ!!