iPhone4 分解(2)


 iPhoneを分解する理由はいくつか有ると思うけど、へたったバッテリ交換か、落下させて壊れてしまったデジタイザや液晶の交換が一番大きな理由でしょうね。
 2回にわたってお送りするiPhone4分解。
 前回は電池交換程度の事でしたが、今回は液晶パーツの分解まで迫ってみたいと思います。


 iPhone4の分解はそれ程難しい事は有りません。
 昨日も書いたとおりネジが沢山有るため、どこにどのネジが入っていたかちゃんと把握することが大切です。
 液晶パーツやデジタイザを交換する為には、大部分のパーツを外す必要が有ります。
5 ドックコネクターは外す必要なし
ドックコネクター
 液晶パーツを外すために不必要なパーツまで分解してしまうと時間のロスです。
 ドックコネクターはネジ2本で止められていますが、液晶パーツを取り外す時に外す必要は有りません。
6 液晶とデジタイザパーツを外すには

 順番が前後しますが、上の写真は本体からデジタイザと液晶パーツを外した本体です。
 青色の線の部分に両面テープがついており、ドライヤーなどで温めて引き剥がす必要が有ります。

 上記の写真は液晶パーツを取り外したものです。
 ○がしてある部分は全てネジがはまっているところですが、青丸の部分は完全にネジを外すところ。
 赤丸の部分はネジを緩めるだけでOKです。
7 デジタイザと液晶パーツのケーブル

 デジタイザと液晶パーツのケーブルは、本体の細い穴に入っています。
 写真の赤い四角部分ですね。
 液晶パーツのコネクタは穴より幅広く作られているので、液晶パーツを剥がす時、ケーブルを引きちぎってしまわないように注意が必要です。
終わりに
 今回の分解レポートはかなり端折って書いてしまいました。
 分解を決意する人は様々でしょうけど、パーツ交換は想像以上に難しく無いので是非チャレンジしてみて下さい。
 注文していた液晶パーツがそろそろ届く頃なので、交換作業中にまた気づいた事があったら書き加えたいと思っています。