お勧め度 ★★★★★

 平成15年1月4日、本年最初のNHK教育テレビ「アンニョンハシムニカ・ハングル講座」で、韓国映画「猟奇的な彼女」がついに日本上陸を果たすことを知った。

日本公式HomePage
http://www.ryoukiteki.com/

韓国公式HomePage
http://www.yupgigirl.com/

 私のHomePageにも、以前紹介して有る通り、あまりの面白さにDVDを輸入し、地域コードの問題をクリアーするため、パソコンを改造した位だ。
 韓国の恋愛映画では「悲劇的結末」が非常に多いが、この作品は感動的なハッピーエンドで幕を閉じる。
 (日本の公式HomePageを見て初めて知ったのだが、「延長戦(作品を見ないと分からないでしょう(^^;)」は、映画のために付け加えられた物だそうで、「後半戦」で終わっていた方が、韓国映画らしいと言う意見もありました。)
 ヒロインはかわいいし、笑い有り、感動有り、どんでん返し有りで、最後の最後まで観客を楽しませてくれるエンターテイメントだ。

●ーーーーーーー

 この映画のもう一つの特徴は、若者が若者の言葉で喋っていると言うこと。
 私の場合、どういうわけだかヒヤリングで若者言葉はかなり聞き取れるのに、おじさんの言葉になると言葉が耳に入ってこないことが多い。
 「餅になった」だとか、ネイティブしか使わない面白い表現もあるし、聞き取りやすい発音も相まって、勉強の教材としてもお勧めだ。

 ところで、韓国語版「猟奇的な彼女」には「字幕」が入っているが、これがかなりくせ者だ。
 原作である「猟奇的な彼女」を見てもらうのがいちばん分かりやすいのだが、若者が発音する通りにHangul表記して有る。
 これはどういうことかと言うと、本来Hangulとは「発音記号・表音文字」であるが、特定の子音と母音がぶつかる時、発音が変化する一定の法則が有る。
 また、方言によっては語頭の文字を「濃音」として発音したり、表記通り発音しない例外がある。
 ところが、この映画の韓国語字幕は「若者の発音通り」の表記がなされている。
 有る程度学習が進んだ人間なら、そういう物だと言う事を頭において、分からない単語を辞書で探せるのだが、物によっては「原形」が分からない→意味が分からないという弊害を起こしてしまう。
 だから、この映画の字幕はくせ者なのだ。

 とにかくこの映画は絶対面白いので、ぜひ皆さんに見てもらいたい!楽しんでもらいたい!
 「火山高」よりは遥かに楽しめるますよ(^^;

<03/01/04>