夢の舞台

 会社に出勤するなり、同僚が「荒川静香、金だってよ!」というニュースを聞かされる。
 テレビをつけると当然のことながら「荒川静香金メダル!」という話題ばかり。
 こちとらオリンピックにも興味が無ければ、金メダルにも興味が無い。
 いっそのこと、今回のオリンピックは「メダル無し」で終わってくれた方が、今後日本がオリンピックに関する認識を改める良い機会になるのではないかと思っていたくらいだ。


 ところが…
 荒川静香選手の「金メダル」を取った演技を見ていたら、本当に奇麗なんですよね。
 そしてメダルを受け取った後、君が代を口ずさむ荒川選手…
 なんて素敵なんだ!
 その後も、色々な番組で荒川選手の話題を取り上げていた。
 くだらない解説や、演出には何にも感じなかったが、荒川選手のインタビューを聞いてものすごく感動した。
満足するのは最後の一瞬だけで良い
 その精神的な強さや意気込みを表す名台詞だと思う。
 そしてフィフュアスケート上位入賞者のエキシビジョンを見ていて、なんだか涙が出そうになった。
 言葉ではなく、演技で人を魅了するというのはこういうことを言うんだな!
 荒川選手おめでとうございました!
 感動をありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。