お散歩にRunKeeper

 運動不足ってのは体によくないって話しは分っているけど、年末年始にかけて、いよいよこりゃなんとかしないととんでもないことになる!と思った。
 体重の増加はとうぜんのことであるが、何より

酒をいくら飲んでも酔わなくなった

ってどうよ!?

 自分は医者ではないけど、代謝が凄く悪くなっているってことだろうと判断しました。
 朝早く、夜遅いと言う変則的な仕事が数ヶ月続き、休憩時間は兎に角、目を開けていられない程の疲れが溜まっていましたしね。
 いきなりランニングを始めるって言うのはキツいし長続きしないと思うので、とりあえず散歩から始めることにしました。

 私の住んでいる周辺は基本的に住宅街なので歩いていて面白くも何ともないです。
 でも自動車より自転車、自転車より歩きの方が町並みは細かく見えて来るので面白いです。

 妙な店?自動販売機、面白い名前の料理屋や聞いた事のないラーメン屋を見つけると散歩していて凄く面白いです。
 途中でそういうものを見つけたり、綺麗な風景を見つけると写真を撮りたくなるので散歩のペースは非常にゆっくりです。

 一回千円の「大人のガチャガチャ」(^^;
 デジカメとか当たるような事が書いているけど怖くて試したく無いですよね。
 たぶん、友達と大勢で呑んで盛り上がっているうちにこの自動販売機を見つけて

うぉ〜なんかオモシレ〜

って勢いだけで金払ってネタにするって言う感じでしょうね(^^;

 さて、今回ただ歩き回るだけでは面白く無いので、結構前に購入した

Runkeeper(ランキーパー)

なるiPhoneアプリを利用してみることにしました。
 このソフトを使うと自分が移動した経路や速度、消費カロリーが計測されるだけでなく、PCの専用サイトに自動的にデータがアップロードされ色々な励みになったりします。
 まぁ、今の自分はただお散歩しているだけなので消費カロリーなどカップラーメン一杯分にも満たないくらいですけどね(^^;

 お散歩にはApple iPhone4Sをお供に連れ、Bluetoothヘッドセットで音楽を聴きながら歩き、時折写真を撮り、Twitterでつぶやいたりします。
 お散歩を初めて何回かして散歩中にiPhoneの電池がなくなってしまいました。
 家を出る時、どれくらい電池が残っているかよく確認しませんでしたが、常にGPS情報の記録を続けるランキーパーを画面に表示したままtwitter、カメラ、音楽、Bluetoothでデータ飛ばしを平行しているので電池の消費が激しいのは分かります。

 2回程散歩中に電源が落ちてしまった事が続いたのでモバブーを持って散歩もしてみました。
 今日は実験的に家を出る時フル充電にしてみたのですが…

 使い方に問題が有るかもしれませんけど、たった1時間運用しただけで電池残量が41%ってのはちょっと問題ありありです。
 ご利用になっている方からの情報を頂きたいところであります。

 元々iPhone4Sには電池が急激に減ってしまうバグが有ると数ヶ月前から報告されています。
 それだけでも疑心暗鬼になっているのに、最近自分のiPhoneちゃんに「SIMが異常です」と出る事が頻繁に起こります。
 再起動で直る事がほとんどですが、電池の急激な消費に関わっているんではないかと…
 個体的にはずれだったらいやだなぁ〜

 んな訳でオタクな邪念を抱きながらお散歩していると言うお話でしたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。