他力本願


 本当に奇跡が起こったという感じであります。
 メキシコがアメリカを下してくれたおかげで日本が最終トーナメントに進むことが出来た。
 メキシコ戦でもアメリカはホームランをツーベースにするなど、めちゃくちゃなことをやらかしたらしいですね。
 その問題のシーンは見ていないけど、審判には逆らえないものだし、選手はそれを受け入れるしか無いのは当然のことだが、何を考えているのだろう。


ベースボールはアメリカのもの。
 このWBCもアメリカのアメリカによるアメリカのための大会であることを大会主催者は見せつけるつもりだったのに、もくろみが外れたということか。
 WBCで三度韓国と日本がぶつかることになった。
 ただ一人気を吐くイチロー選手を、韓国人は目の敵にしている。
 イチロー選手が韓国のことをあまりよく思っていないのは見え見えだが、やはり野球は一人でやる競技ではないので、他の日本人選手もそういう気持ちになっていないと、また韓国に返り討ちにあるだろう。
 韓国の監督が三度目の対戦を前に「2度の敗退を経験した日本は必死になってくる。侮れない」と言ったらしい。
 この台詞を聞いたある同僚が「それじゃ今まで侮っていたのかよ!」と突っ込みを入れていたが、それは考え違いだと思う。
 韓国と日本の差はごく僅かなもの。
 だがメンタル面で韓国は日本を大きく上回っていることは間違い無い。
 ある報道によると、2度目の韓国戦を前に、日本側から「韓国が6点差で負けても勝ち抜けるのでお願いしますよ」と言われたという。
 これを韓国では「日本が手加減してくれと頼まれた」と鼻高々に思っているに違いない。
 でも、マスメディアや韓国国民がそのように思うのは自由だが、当の選手達は手加減して日本に勝てるとは思っていないだろう。
 19日の試合でどちらのチームが勝っても、面白いと思う。
 日本が大差を付けて勝つ方が、日本としてはすっきりするのだろうけどね。
 いずれにしても、大変楽しみにしています。
晴れ強風 ビール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。