バスハーブ

 

 


 昨日、バスクリンのバスハーブをAmazonで注文した。
 昨年11月末にも一度注文しているのでリピーターである。

 バスハーブは一言で言えばバスクリンの兄弟分、お風呂のお湯に入れる入浴剤だ。
 正直言ってこの入浴剤、結構なお値段だ。
 それでもやっぱりリーピートしたくなるだけの効果があるのです!

 初めてこの商品を知ったのは昨年の夏、新居に越してから自分で初めて入浴剤を購入した時だった。
 夏の暑い日に熱い風呂に入りたく無かったのでクールバスクリンなるものを購入した。
 その時購入したバスクリンは使用して直ぐに買うんじゃなかったと思う程、香りが気に入らなかった。
 もっとも貧乏性の私がそのバスクリンを購入したのは値段もさることながら、おまけとして「バスハーブの試供品」がついていたからだ(^^;

 暑い夏が過ぎ、秋が来て初めてバスハーブをお風呂に入れた。

宣教師はバスハーブの虜になった(^^;

 兎にも角にも香りが好きだ。
 そして凄く体が暖まる。
 朝30分お風呂に入っているだけでかなりの発汗作用が有る。

 バスハーブは結構値段が高いので実際購入するまで結構躊躇した。
 近くの薬局で普通の粉末バスクリンが一本300円、三流品の三流入浴剤だと200円以下で売られているのに、バスロマンは650Mlボトルが三千円弱で売られている。
 入浴剤なんて何だって同じだろうって、何度も迷いながら結局注文してみた訳です。

 結果は兎に角買って良かった!!ってことですね。

———

 12月の頭から使い始めて、ほぼ毎日のようにお風呂に入っておりました。(基本的に足し湯をしている)
 650MLのボトルを使い切ったのは5月に入るか入らなかったか位の事でした。
 5ヶ月もの間、これだけ入浴を楽しめたのですから安いもんです。

 副産物も有りました。
 私はお風呂のお湯を洗濯水として利用しています。
 バスハーブが洗濯物に程よい香りを付けてくれるんですよ(´Д`)

 余談ですが、私は洗濯に純粉石けんを利用していています。
 純粉石けんは環境にはとても良いと言う事で、もう20年近く使っているんですが、洗濯した後、お洗濯って気持ちいい〜〜〜って香りがしないんです。
 合成洗剤で洗った後の香りが良いのは香料のおかげです。
 「石けんの香り」って香料が売られていますが、それは完全な企業による洗脳。
 石けんの香りがするお母さんも幻想です(ToT)

 バスハーブは純粉石けんの生臭いような匂いを消してくれるんです。
 この事実に気づく前に、持て余していたバスクリンを直接洗濯機に入れていたんですが、香料の性能が良く無かったのでしょう。
 全く香り漬けが出来ず幻滅しておりました…

 脱線し過ぎました。
 バスハーブは私の生活を非常に豊かにしてくれているアイテムの一つです。
 そろそろ夏に差し掛かって来ているので汗をかくような入浴はしたく無くなるかも知れませんが、凄くお勧めだってことだけは書いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。