麺屋 きわみ


ラーメン 650円


 仕事が早く終わったため、一路「聖地」へ!
 パソコン雑誌に載っていたラーメン屋に突入である。
 だいたいの場所は想像していたものの、アバウトな地図であったため、うろうろ歩き回る。
 今年の春にオープンした新しいオフィスビルと、既存の電気街との間に位置していることまではわかっていた。
 ふと築くと、オフィスビルの中にもラーメン屋が有ることを発見。
 ここも訪れなければなるまい。
 最悪、今回の取材先が見つからなければこちらにくれば良いのだから。
 そう思っていたら、パソコン雑誌に載っていた店を発見出来た。
 お店の名前は「麺屋 きわみ(極)」
 食券機を見るとメインは豚骨ラーメンらしい。
 その他につけ麺も有るようだが、一番安いラーメンを選択。
 食券機は千円札と二千円札しか受け付けてくれないので、注意が必要かな。
 店員さんにお金が崩れる回って見たところ、ポケットの中から札束を出して来て、崩してくれた。
 どうせなら万札も使えるような食券機にすれば良いのにね。
 さて、店の作りはカウンター10席。
 二人対面式席が二つなので、全部で14席。
 カウンター中央に座ると有線放送だろうか?
 ジャズのような音楽が聞こえて来た。
 だが、それ以上に店員さん達の無駄話が目立つ。
 それもそのはず。
 まだランチタイムではないからだろうが、客が2、3人しか入っていないのに、店員が5人もいるのだ。
 厨房では麺を茹でる人と、器に調味料を入れる人の二人しか稼働していない。
 無駄話もしたくなりますわな。
 さて、出て来たラーメンのスープを一口。
 感想は
明星一平ちゃん 豚骨味
だった。
 麺は中太の中華麺。
 だからさぁ、豚骨ラーメンはやっぱり細麺を使ってほしいのよ。
 スープが絡むけど麺の味が出過ぎという感じ。
 トッピングは九州ラーメンそのものだけど、麺が味噌ラーメン系なので違和感があった。
 筒状の網「デボ」を使っているので心配になったが、麺のゆで加減はまずまず。
 だけど、スープの味が秀でている感じがしない。
 化学調味料バリバリのアトム系だ。
 麺を一通り食べたところで、スープを飲むことをやめ店を出た。
 凄く不味い訳ではないが、今後あえて来たくもない店でしたね。
 2件目に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。