支那そば 勝丸(4)


つけ麺 大盛り 950円
 本日もつけ麺!
 4種類ある味を完全制覇めざして、勝丸にお邪魔しました。
 今日は豚骨醤油味にチャレンジです。


 ランチタイムのまっただ中、5人程の行列を成していたものの、店の中をのぞくと空席がある。
 これはそれほど待たないだろうと思っていたところ、ものの5分もしないうちに店内に入ることが出来た。
 やっぱりラーメンは回転率が勝負ですからね。
 当然と言えば当然。
 とはいうものの、20席程の客席は常に満杯状態。
 つけ麺が出てくるまで5分近く待ったと思う。
 やはりお盆休みだからだろうか。
 ちびっ子を連れた家族連れの姿が目立ちます。
 しかし、何が面白くてこんなお上りさんの象徴みたいなところに来たがるのだろうな?
 さぁ、つけ麺大盛りの登場だ!
 ここの麺はそれなりに食べゴタエがあるのがうれしい。
 そうだなぁ、500グラムくらいはあるだろうか。
 毎回ぺろりと食べてしまうのだけど、ゆで加減もそこそこ好み。
 問題は今回初めてチャレンジする「豚骨醤油味」だ。
 もともと醤油ラーメンがおいしい店なので、醤油味ばかり頼んでいたのだが、研究熱心なお店なので、あれもこれも取り揃えているみせとはちょっと違う。
 どれもそこそこ美味しいのだ。
 つけ麺のつけ汁というのは、麺をつければつけるほど、薄くなってしまうものなので、最初からもの凄く濃いめの味付けの店が多い。
 だが、この店はそれほど濃くない。
 もちろん、普通のラーメンスープのように、このままがぶ飲み出来る程ではないのだけど、適度な濃さが良いのです。
 そして、冷やし中華も亜流を意識してか、最初からお酢が入っている店が結構ある。
 この店はお酢は入っていないですね。
 さてさて、初めて口にする豚骨醤油スープのお味は…
お!マヨネーズっぽいお味
 そんな印象。
 どちらかというと魚の節系スープがベースとなっているせいか、魚の香りが前に出ている。
 そこに少しだけ濃厚な豚骨スープを絶妙な具合にブレンドしている感じ。
 若者は濃いお味が好き。
 つまり豚骨のような濃厚な味が好きである。
 だが、この店の豚骨醤油はそれほど豚骨が前に出ていない。
 そりゃ、さっきも書いたけど元々醤油ラーメンの店だから、少し改良を加えたという所だろう。
 美味い美味い!
 一心不乱に食べます。
 向かい側に座った相席の客のところにラーメンが届けられる前に食べ尽くします。
 その間約5分程度。
 美味いからするする入る。
 ちなみに、この店は、スープが薄くなると「オカワリ」と言って、新しく熱々のスープを持って来てくれる。
 個人的には、最後まで適度な味が継続してくれるので、はオカワリはしなかった。
 また、つけ麺のスープを飲み干すため「割りスープ」も用意しているそうだ。
 これまた個人的な話だが、つけ麺の大盛りを食べ終わった後のスープは、多少濃いとは感じるが、そのまま飲んでも良いくらいで、割スープはしなかった。
 もう少し早く割スープの存在を知っていれば、最終コーナーで割りスープを頼むのも良かったかなと思っている。
 今のところの順位としては、豚骨醤油味と、醤油味が同率1位。
 とんこつ塩味がちょっとランクダウンという感じ。
 残すは味噌味だけだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。