ソルロンタンが美味い


 二日目の朝、我々は板門店ツアーに参加するため、集合場所である「ソピタル・アンバサダーホテル」を目指した。


 今回のツアーは、前回、前々回とは旅行者が違うらしく、現地スタッフに70000ウオンを払うとのこと。
 日本から板門店のツアーを頼むと1万2000円だというのだから、かなり安いと思う。
 ちなみに、端数?の2000円は宿泊先までの送迎費だそうで、ロッテホテルに自費で行けば1万円になるそうだ。
 でもね、2000円というのはかなり高額だと思う訳ですよ。
 今回宿泊したホテルから、集合場所であるソピタル・アンバサダーホテルまで、タクシーに乗れば5000ウオン程度で行けると説明された。
 二人で行くのであれば2500円…
 だが、地下鉄に乗れば900ウオンで行ける訳ですよ!

 当然のことならが、地下鉄に乗り、ソピタル・アンバサダーホテルに最も近い「東大入口駅」に向かいました。
 集合時間は9時40分まで、まだ余裕があります。
 そこで予定通り朝食を取るため、駅近くの店を探したところ、「スジョン」という韓国食堂を発見、入ってみることにしました。
 今回注文したのはソルロンタンという、韓国のありふれた料理。

 テールスープに、ソーメンのようなものが少しと、牛肉の切れ端のようなものが2、3切れは言っているというシンプルなもの。
 一緒にご飯が出てくるので、最初からこのスープに入れてしまい、おじやのようにして食べます。
 味は非常に薄いので、好みで岩塩などを入れたり、付け合わせのキムチなどを入れます。

 値段は一杯6,000ウオン。
 日本で言えば牛丼みたいな地位の食べ物かな。
 ちょいと高めと言えば高めだけど、今回一番はまった韓国料理でした。
 十分満足したところで、板門店に向かいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。