麺や 葵


塩つけ麺 大 850円

 先日からパソコンサポートのために、何回も足を運んでいる先輩の家に、行くことになった。
 結局、私こと「パソコン宣教師」がOSのインストールごときで敗北宣言を出すなんてことはあってはならない訳ですよ!
 ハード的にどこか問題があるようなのだけど、どこが悪いのかまでは特定出来ていないので、ちょっと骨の折れる仕事になりそうです。


 どうせわざわざ先輩の家に行くのだから、出張先で美味いラーメン店を食べたくなる訳です。
 以前購入したラーメンマニュアルを見ると、一軒載っていました。
 このマニュアルにはクーポン券がついていて大盛り無料と書いてある。
 麺好きの私にはたまりませんなぁ(^^;

 マニュアル本を片手にお店に行くと、ランチタイムらしく10人くらいの行列ができていました。
 私の経験上

行列は味に比例しない
マニュアル本の意見は全く参考にならない

ということが分っているので、あくまでも辛口取材のため、仕方なく並ぶことにしました。
 となりの立ち食いそばも魅力的だったんですけどね。

 さて、とにかく待たせられましたね。
 たった10人足らずの人間なのに、お店に入るまで20分以上経っています。
 ラーメンなんて、無駄話をせず食べて出て行くものなのに、ちょっと不信感を持ちました。
 案の定、店に入った後も麺が出てくるまでワンテンポ遅れて出て来たイメージがあります。
 店員さんは3人。
 麺を湯がいてスープを注ぐだけで、なんでそんなに時間がかかるの?って感じです。

 店に入ると食券を買わされます。
 どれが美味いかなんてことは全く分かりません。
 このお店は麺の量によって細かく値段と麺の量が変わります。

小  160g 700円
普通 240g 750円
中  320g 800円
大  400g 850円

 基本的にこの店はつけ麺がメインのお店らしく、一応普通のラーメンもおいてあるようですが、とりあえずここはお薦めのつけ麺を注文。
 それもなぜだか塩味を選んでしまいました。
 食券を買う時、持っていたクーポン券を見ながらふと疑問がわいて来たので店員さんに質問しました。

 このクーポン券には麺大盛り無料と書いてあるけど、どれを買えば良いの?
 小の料金で大が食べられるの?
 そういう単純な発想です。
 店員さんの説明によると

大盛りというのは普通盛りプラス玉一つ追加ということなので、大盛りを注文してさらにクーポン券を使うと3.5玉、560gです。

 なるほどね! よくわかりました。
 忙しい中、よく答えていただけました。
 だけど、その若い店員さんの表情からは

お前、そんなに食えるのかよ!?

って思いが伝わって来るじゃないですか!
 私にはつけ麺でその程度の量は大したものではないことは実証済みなので、もちろん大盛りプラス一玉サービスを注文した次第です(-_-#

 さっきも書きましたけど、やっぱり店員さんの作業はちょっともたついている感じがしましたね。
 作業時間のほとんどは麺を茹でる時間にさかれている感じがしました。
 それもそのはず。
 出て来た麺は極太の縮れ麺でした。

 かなり大きなどんぶりに入って来た麺は食べゴタエありそうです。
 だけど、都心ではもっと安い値段の店も知っているので、この程度では驚きませんけどね。
 今回注文したのはなぜか塩付け麺。
 実はちょっと勘違いして券売機で購入してしまっただけなのですが、カメラで店の中をバチバチ撮っているうちに「醤油味に変えてくれ」と言うタイミングを失ってしまったんですよね。

 話を戻してつけ麺の味の話です。
 スープが入っている丼はかなり小さめ。
 その割に麺がこれだけあるのであっという間に冷めてしまいそう。
 マイナス1です。

 麺をスープに付けて食べ始めてすぐに、麺の固さが気になりました。
 とにかくごわごわしています。
 よく言えばアルデンテ(-“-)
 悪く言えば食べていて顎が疲れる堅さです。
 またもやマイナス1です。

 ところがそんなことを思いながら食べているうちに、結構スープの味が良い意味で気になり始めました。
 店に並んだ時から感じていたのですが、この店はスープに炒粉ダシを使っているらしく、炒粉ダシの香りがプンとして結構香りが良いんですよね。
 スープ自体は若者向けに作られているらしく、非常に濃いめで油っぽいながらも、太麺によく絡んで最後まで個性を失いませんでした。
 トッピングで入っている叉焼は結構大きく、肉厚もあるトロトロ系。
 食べているうちにぼろぼろに崩れてしまいましたが、味のバランスとしては及第点以上でしょうね。
 半熟の味玉も結局ぼろぼろになってしまい、スープの味の一つになってしまいましたが、それはそれで良いかもしれません。

 最後の最後になって気付いたのですが、この店では平打麺もやっているようで、もしかしたら平打麺で食べたらもっと美味しく頂けたのかもしれません。
 とにかくつけ麺のデフォルトは太縮れらしいですけどね。

 麺を食べ終わり、残ったスープをどうするか。
 店員さんに聞いたら割りスープをしてくれるそうなので注文しました。
 丁度良い濃度のスープを最後の一滴まで飲んで終了です。
 ただ、これまた最後に気になったのが、割りスープをしてくれるとき、刻みネギを追加しているようで、ちょっとネギが大きすぎて辛かった感じがしました。

総括:ちょっとした勘違いで塩付け麺にしてしまいましたが、ここの塩はトンコツ醤油をマイルドにした感じで私は結構好きな味です。
 これが醤油になっていたらもっと塩辛くなり過ぎてダメだったかもしれません。
 つけ麺に塩味というのは少しスープが弱いイメージがあるので、注文した後失敗したかなと思っていたところでしたが、良い選択でした。

また行きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。