Mac OS X Leopardまで待てない!

 今日、MacのOSがマイナーバージョンアップした。
 内容はセキュリティー関係の修正がメインのようだが、Webで調べたところ

最新デジカメのRAWファイルが表示可能

という項目もあったのだが、残念なことに私のデジタル一眼カメラE-410は今回このバージョンアップには入っていなかった(ToT)
 心なしか起動が遅くなった気がするし、時計がフリーズしたり違和感を感じるけど…


 まぁ良いです。
 OS上でE-410のRAWファイルが閲覧出来るとなると、自動的に大容量のRAWデータ写真がiPhotoに流れ込んでしまい、あっという間にハードディスクがパンパンになってしまいますので(^^;

 そういう負け惜しみを思いつつ、ネットオークションを巡回しているうちに、ポチッと入札してしまった物件がある。
 Intel Mac mini (^^;

 最近Mac miniのメモリを増設したばかりなのにねぇ…
 RAW現像はWindowsマシンに任せるとか考えていたのですが、あれこれ考えているうちに、考えること自体がめんどくさくなって来たのであります。
 何しろ最近Windowsマシン立ち上げていないし。
 やっぱりMacで不便な部分はあるけど、長年使い続けて来たものだし、どうしてもMacに戻って来てしまうんであります。

 どうせなら今年の10月に発売されるであろう

MacOS X Leopard

が出てから、買い直そうかとも思ったのだけど、やっぱりその前に環境を整えておきたくなったのであります!
 そう言えば、現在のMac miniを購入してわずか2ヶ月くらいでIntelMacが出て悔しい思いをしたっけ(-_-#
 あと数ヶ月待てば良かった…
 そう言う話はPCの世界では御法度であり、20年もの間さんざん涙を流して来た話であります(^^;

 Intel Mac miniが到着したら、またネタとして使いますので、どうぞご期待ください。