つけそば 黒門


黒門のつけそば 680円(普通盛り)

どうせロマンスカーで温泉に行くなら、VSE5000系に乗りたい!

という、匿名希望の「鉄子さん」からのお便りです。

つけ麺が好きなら、新宿に美味しい店がありますよ。
名前は…「黒」何とかって言って、期間限定で辛いつけ麺もやってますよ。

 ふむふむ。
 「鉄分」が不足しているのなら「ちょい鉄おやじ」の探偵って奴がいますけど、紹介しましょうか?
 えっ?そこまでの鉄じゃないって?!こりゃ失礼。m(_ _)m

 そんな鉄子さんの話を聞いたのも、かれこれ一ヶ月程前。
 取材スケジュールの調整がつかないため、なかなか新宿に足が向かなかったのですが、とりあえずネットで検索したところ、それらしいお店を発見したので行ってみました!


 店の作りはカウンター10席、こじんまりしたテーブル席?に二人程しか座れない店ですが、変な時間帯に入ったのにも関わらず、ぼちぼちお客は入っていましたね。
 お店の名前が「つけそば」って位なので、いわゆるつけ麺が中心ですが、醤油ラーメンもやっているようです。
 今回は「鉄子」さんに薦められたつけ麺を食べてみることにしました。
 ところがここで何味を食べるかが問題です。
 基本的には醤油ベースの「黒門」と、辛い付け汁で食べる「麻辛丸(マシンガン)」、それに正体不明の「黒味」って奴の3種類があり、若干のトッピングバリエーションが存在しているようです。

 ここは男らしく

黒門と、麻辛丸(マシンガン)!

と、一度に二つのつけ麺を注文することにしました(^^;

 さて、待つこと5分くらいで出て来たのが、この極太麺でした。

 普通盛りで350gあるそうです。
 当然のことながら、私は二つ頼んだので、合計700gです(^^;

 まずは黒門つけ麺の方から頂きます。
 基本はお酢と醤油ベースのスープですが、むせ返るような酸っぱさは無かったのがまずます。
 麺は茹ですぎず、かといって顎が疲れる程固くなく、モッチリとした麺の味で悪くなかったです。
 付け汁の中には刻んだネギと、メンマ、細切りにした鳥のささみが入っています。
 面白いのが海苔ですね。
 食べているうちに付け汁の中で分解して、スープの一部になり、独特の香りになるのが面白かったです。
 もしかしたら、正体不明の「黒味」というのは、最初から大量の岩海苔をスープに溶かして出すのかもしれませんね。

 スープには炒粉ダシか節系の香りをほんの少し感じるんですけど、私の好きな「やすべぇ」のように、全面に出ていないところが奥ゆかしいです。


麻辛丸(マシンガン) 700円

 ざっくりと黒門つけそばを食べ終えた後で、次の味である「麻辛丸(マシンガン)」に挑みます。
 ベースのスープは醤油とお酢であることは変わりないようですが、大量のラー油のようなものが入っていて、結構辛いです。
 ところが、麺を投入することによりそこそこ辛さが押さえられるようです。
 この付け汁の中にも、細切りの鶏ささみなどが入っていて、時々具を箸休め代わりに食べると良いかもしれません。

 個人的には辛いながらも奥深い味のスープであってほしかったです。
 具体的に言うと担々麺や、韓国のユッケジャンのような感じに仕上がればもっと良いと思うのですが…
 後から考えれば、早い段階で割りスープを入れてもらうという方法もあったなぁと思いました。

 私としては黒門つけそばの方に軍配を上げたいと思います。

——-

 さて、この店でちょっと疑問に思ったのがスープと麺の温度でした。
 熱いスープに冷たい麺というのがつけ麺の基本です。
 ところが、ここのスープは油分が多いのに、最初から熱くない。
 そんでもって、麺もあまり冷えていない…(-“-)
 どちらも「ぬるい」ので、最後まで熱くもなく、冷たくもなくスープと麺を食べることになります。
 不思議と食べられる温度だったので苦情の言葉は頭によぎらなかったのですが、どうなんでしょうかね?
 私の中でつけ麺と言うのは、一度茹でた麺をあえて冷やし、熱い付け汁の中に再度投入することで、麺の温度を上げ、麺の味を楽しむ…なんて理不尽な食べ物なんです。

 匿名希望の鉄子さんは

私は付け汁の中にたくさんの麺を入れてから食べるので、それなら最初からラーメンを食べた方が良いのかも

なんて言っていましたけど、通常のラーメンというものは、茹でた麺を熱々のスープに入れるため、時間が経てば経つ程、麺がのびる→腰が無い麺になってしまうというジレンマがあります。
 つけ麺は、よっぽどのことが無い限り、麺を付け汁に入れたとしても、麺がのびる程加熱されないため、麺本来の味を楽しむことが出来ますから、スープに麺を沢山入れたとしても、それはラーメンとは違う食べ物なので、楽しみ方としては間違ってはいないと思います。
 
 だからこそ、私は言いたい!
 ラーメン屋でぺちゃくちゃしゃべりながらラーメンを食べているカップルが許せません。

だまってラーメンを味わえ!(-_-#
おしゃべりは店を出てからにせい!

と思う訳ですよ(^^;

 ところで、鉄子さんの言っていたお店って、ここで間違いなかったのでしょうかねぇ。
 違う店に行ってしまったのかも知れないのがちょっぴり不安です。