めん處 さんば


らーめん 700円

 ちょっとした韓国語の通訳のため支店に行った。
 ちょうど昼時には終わったので、ラーメンを食べに行きましょう!ということになった。
 ところで、この辺で美味しいラーメン屋ってどこかあるの?
 そう支店の人に尋ねたら、この「さんば」ってお店を教えてもらった。


 店構えはまずまず。
 味は豚骨醤油がメインらしいので、らーめんを注文してみました。
 この店では某店のようにネギやニンニク、脂身などの基本トッピングは無料で増量してくれるというので、野菜とニンニクを増量してもらいました。
 それから細麺と太麺を選べるようで、とりあえず食べたことが無い店なので細麺をチョイス。

 出て来た麺はそれなりで、スープをすすると豚骨醤油というよりうどんのおつゆみたいな感じ。
 脂身が少なかった感じですがまぁまぁ悪くないんじゃないの。
 化学調味料を一切使っていないというのに、この味はまずまず及第点です。

 隣に座っていたおじいちゃんが、この店のラーメン、特に麺が気に入ったらしく、しきりにどこの麺を使っているか質問していましたね。
 まぁ、どこにでもあると言ったらどこにでもある様な味のラーメンだろうけど、誠実な仕事をしていることは間違いないと思いました。

 さて、ラーメン一杯では面白くないので油めんというのを注文してみました。
 この店にはつけ麺もおいているのですが、ここはあえて油麺。
 油麺というのは本当に油ギッシュな麺という印象があったのですが、さてどんな麺がでてくるのでしょう…


油めん 780円

 真ん中に落としてある生卵が印象的です。
 麺は湯がいたままどんぶりに入れているので熱を持っています。
 そうですね…讃岐うどんで言うぶっかけとかいう食べ物のラーメン版という感じでしょうかね。

 とにかくどんぶりの中の具材を熱があるうちにグチャグチャとかき混ぜてから頂きます。
 この油めんも細麺と太麺を選べるそうなのですが、ここはお店の人のお薦めに従って太麺にしました。
 おかげで太麺にスープが絡んで美味しそうです。
 こちらのほうもトッピングの増量ができるそうなので、野菜とニンニクを増量してもらいました。
 さて一口…

油ギッシュではありませんでした。

 これのどこが油めんかと疑問に思うくらい、ぶっかけうどんみたいなものです。
 ソースみたいな濃度の醤油スープなので、そこそこ麺を楽しむには良いのかもしれませんが、想像していた油めんとは全く違います。
 おそらく豚の背油を少し多めに入れているくらいなのですかね。

 こちらの麺も、そこそこ誠実な仕事をしていることは分るのですが、どうも今ひとつビビット車では行きませんでしたが、この辺一帯は激戦区ではないのでそこそこやって行けるのではないでしょうか。