九州ラーメン 丸當


丸當ら-めん 650円

 先日、仕事が終わってからバスに乗って足裏マッサージに行ったのだが、財布の中には1000円札が1枚きり。
 確か家を出た時には1万円札が入っていたと思ったのだが、どうも単なる見間違いであったようだ。
 店に入ってから気がついていたら、とんだ大恥をかくところだった。
 折角バス代を使ってここまで来たのだから、ラーメンでも食べて行かないとねぇ。
 バス停を見回すと、見たことのない九州ラーメンの店があるではないか!


 店の前に立ち、お店の雰囲気を眺めたのだが、どうもどこかで見たことのあるような筆遣いのメニューが並んでいる。
 お店に入って一番安いラーメンを注文。
 ぐるりと店の中を見ているうちに、店の宣伝文句が目に入った。

やっぱりこの店は、あの店に関係しているに違いない!

 そう思って、一人しかいない店員さんに確かめてみると

あれ?ばれちゃいました?

というあっけらかんとしたお答え(^^;
 オジサンの話によると、この店は私がよく行くお店の支店らしく、オジサンも私が通っている店に手伝いに行くことがあるそうだ。
 あえてその店の名前は伏せておくが、結構繁盛していて店員さんも元気よくお客さんに対応している。
 その反面、この店はいたって静かなもの。
 BGMも流れていないし、オジサンも淡々とラーメンを作って出すだけだ。

 ラーメンの味はほぼ同じ。
 だが、決定的にスープが熱く感じられた。
 その理由は叉焼にある。
 某店の叉焼は大量にお客に出さなければならないため、冷凍されているのだ。
 変な話だが、以前その店で叉焼を載せ忘れて出されたことがあり、麺を一口すすったとき、今までその店で食べたことの無い温度だったため、ビックリした。
 だけど、その冷凍された叉焼を載せ、お客に出す時には、熱々のスープから適度に温度を下げる効果がある。
 叉焼もトロトロの状態に戻され、美味しくいただけるという訳。

 この店のラーメンもおいしかったですけど、スープが少し濃いめだったかもしれない。
 また足裏マッサージに行く時には、この店によりたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。