らーめん匠屋


こだわり醤油 600円(大盛り100円増し)
 この店に来たのは二度目、それもおそらく五年以上前のことだと思う。
 昼間行列をなしているお店なので、さぞかし美味しいのだろうと期待して入ったのだが、記憶にあるのはラーメンの味ではなく、店員さんの動きの悪さだけ。
 その時、7つか8つある狭いカウンターに自分を含めたお客がぎっしりと座っているのに、店員さんの動きが悪く、なかなかラーメンが出てこない。
 なにしろ、店主と思われる男性が一人だけがあくせく動いているのに、他の若い店員2名程はぼけっと突っ立っているだけ…
なんだこの店は?


 そんな状態で出て来たラーメンが今一だったのだから、もう行く気になれなかったのだ。
 店の立地条件もあまりよくない。
 駅前から少し離れている上に、車を止めるスペースも無いため、よほどの決心が無いと?入ってみようという気になれないのだ。
 暫くこの店は支店を出す関係で店を閉めていたのだが、1ヶ月程前から営業を再開していた。
 ラーメン探検隊としては、当時の店員さんの動きの悪さではなく、もう一度味を確かめてみようかと思い、一大決心をしたのだった楽しい
 ランチタイムの行列が無くなった頃、店に入った。
 店には先客が2人。
 醤油・味噌・塩とあるが、とりあえず醤油ラーメンを注文してみる。
 さて、店員さんの動きは…
 マスターと思われる人が厨房に一人、奥に太ったおばちゃんがラーメンとは全く関係のない作業をしている。
 なんだ?小豆をミキサーに掛けようとしているのか?
 狭いテーブルの横には、ビールジョッッキが置いてあり水が入っている。
ガチャン!!
 おばちゃん、お約束のごとく、ビールジョッッキの水を倒してしまう。
 ごめんなさい、と愛想なく言った後、床を掃き始める。
 中国人学生らしい二人組が入って来てラーメンとライスを注文した。
 マスターが
暖かいご飯二つね!
と声をかけるがおばちゃん、返事が無いし客にお冷やを出そうというそぶりも無く、相変わらず床を掃いている。
そんなこと後にして!
とマスター軽く切れるが、再び小豆をミキサーに掛ける作業を始める…
 マスターは淡々と作業を続け二杯のラーメンを作った。
 作業は醤油ダレを一杯と、油を一杯どんぶりに入れ、出汁スープのような物で割るだけ。
 デボで茹でた細縮れ麺を入れて完成。
 やっとラーメンの解説が出来る。
 普通の醤油ラーメンより黒いスープだが、意外とアッサリトしている。
 まず化学調味料の味を感じ、その後醤油っぽい雰囲気を感じるのだが、ネットで見たような奥深さはまるで感じない。
 確かに醤油ラーメンなのだろうが、水道水臭さのような後味がある。
 麺は細縮れ麺であるため、濃い色のスープに染まり、少しどす黒く変色している。
 どこにでもあるようなゴム麺ではないのが救いだが、スープが今一なので麺の味も引き立ってこない。
 トッピングは極普通。
 そんなことを考えながらラーメンを食べていたのだが、店の奥で作業しているおばちゃんはまるで働いていない。
 先ほどからミキサーで小豆を砕こうとしているらしいが、ミキサーの使い方が分かっていないらしく、マスターが「そうじゃないんだよ!とりあえず止めて!」と作業を中止させる。
 中国人学生が注文したラーメンを仕上げたのだが、おばちゃん何かを忘れている…
暖かいご飯二つ!!(怒)
 マスター再びライスのオーダーをおばちゃんに命じると、やっとおばちゃんがご飯を盛りつけたまではいいのだが、何も言わず店からいなくなってしまった…
 マスターは一通りのオーダーを作り終えると、小豆をミキサーに掛ける作業を始めた。
 何のためにあんなことやっているのだろう?
 ラーメンの具になるのだろうか?
 そう思っていたのだが、どのラーメンにもあの小豆は入らないだろうなぁ。
 先にラーメンを食べ終わったオジサンが、代金を払おうと声をかけているのだが、今度はマスターが反応しない。
 相変わらず小豆をミキサーで粉砕している。
 オジサンがカウンターに代金を置いて店を出たところ、
いらっしゃい!
とマスターが飛んで来た。
 当然のことながら、一人のお客がいなくなっていて、カウンターにお金が置いてあるという状況に、マスターが苦い顔をした。
 …なんじゃこりゃ。
 前回同様、マスター以外の店員にやる気がまるで感じられないことだけは、確認出来た。
 この地区ではまともなラーメン店がほとんどないので淘汰されないでいるのだろうけど、ちょっとおかしすぎるよなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。