国際循環器研究センター かるしお みそ汁

こんな写真でごめんなさい。
お弁当のお供にみそ汁とかあれこれ試しているのですが、この減塩みそ汁が結構良いので紹介します。

以前紹介した「タニタ食堂のみそ汁」は塩分が一杯1.0gと非常に塩分(ナトリウム)が少ないものの、自分のように塩分をそれ程気にしない人間にとっては少々薄味だと感じました。
勿論お湯の量を調節すれば、そこそこの塩っぱさにはなるんですけどね。

今回紹介する「かるしお」はインスタントみそ汁業界でもトップクラスのハナマルキとのコラボのようです。
一袋に三種(長ネギ・豆腐・油揚)のフリーズドライ具がそれぞれ2袋ずつ、計6杯分入っています。
みそ汁の塩分は1.3gと「タニタ食堂」のものとは1.3倍ですが、普通のみそ汁と変わらない塩っぱさでした。

スーパーで通常のみそ汁にどれ位の塩分が入っているか調べて見たところ、1.9〜2.2gと大体2g前後入っているようです。
ハナマルキの減塩みそ汁は既に存在していましたが「塩分20%カット」と言う事で一杯に1.6g程度の塩分が入っているようです。

「かるしお」はそこから更に塩分を引いた上で、十分満足の行く塩っぱさを実現していると言うのは大したものです。

自分は減塩にはまだ興味がありませんが、将来的に血圧で苦労しないように今から薄味傾向にしたいとは思っております。

お弁当のお供のみそ汁は定番ですけど、他にもあれこれ試してみたいと思っています。 ≠( ̄-( ̄)モグモグモグ