ジャガイモ鍋

 一時の韓流ブームは過ぎ去ったけど、それ以前に比べれば、韓国は「近くて遠い国」から

お隣の異文化国

という地位になったと感じる。
 日本ではかなりの知名度を持った韓国料理であるが、やはり一般の人のイメージの中には「焼き肉とキムチ」くらいしか想像出来ないのが非常に残念だと思う。
 逆に言うと、韓国料理屋に行っても

どんなものが食べられるか分らないので入れない

と言う人の方が多いのではないだろうか。

 韓国料理を大勢で食べようと思ったら、やっぱり鍋料理なんてどうだろうか?
 韓国の鍋料理はかなりの数があるので、どれを食べたら良いのかわからないなんてことになるかも知れないけど。
 さて、最近も食べたことがある韓国の鍋料理が「カムジャタン」だった。

감자탕 gam-ja-tang:ジャガイモ鍋?
감자 gam-ja:ジャガイモ

 このカムジャタンは、非常に韓国料理らしく、肉も食べるが沢山野菜も食べる。
 特徴は骨についた肉にしゃぶりついて食べることかな。
 残ったスープにご飯を入れて食べても美味しいし、ラーメン(勿論インスタント!)を入れても美味しいと思う。
 ところが、つい最近先生から教えられた衝撃の事実!

감자탕はジャガイモ鍋ではありませんよ!
カムジャというのは豚の大腿骨(背骨だと勘違いしていた)の部分を言うんです。

 そ、そうだったんですか…
 カムジャタンを頼むと、かならずジャガイモが入っていたのでてっきりそう思っていたのですが…(-“-)
 ふと思い出したのが、私が愛してやまないラーメンのこと。
 豚骨ラーメンを作るとき必要なのは

豚のゲンコツ

ではないか!
 同じ豚の大腿骨の通称として、日本ではゲンコツと表現し、韓国ではジャガイモと言ってるだけで、丸いながらもちょっとごつごつしているというイメージはどこか共通しているのだろう。
 さて「ジャガイモ」の話が出た後、先生から似たように勘違いをしやすいのが


갈매기살 gal-mae-gi-sar:鴎肉?

だと教えてもらった。

갈매기 gal-mae-gi:カモメ(鴎)
sal:食用の動物肉

 これは韓国の人も勘違いしている人もいるらしく、もし韓国の人から

鴎の肉って美味しいよ!

と言われたら、ちょっと確認する必要があると思う。
 なぜこんなことを言うかというと、一年ちょっと前のブログに「かもめって!?」という話を書いた。

 韓国人のお客さんと、上司の間に入って通訳をすることがあったのだが、いつのまにか、日本では食べるけど韓国では食べないものの話や、逆に日本では食べないけど韓国では食べる珍しい動物の話、つまり下手物食いの話をしたことがあった。
 釜山出身(漁港でもあり、韓国でも第二の都市でもある)のお客さんから

鴎食べたことありますよ!

という話を聞いたことがあるのだ。
 漁港だから鴎は沢山飛んでいるだろうし、それだけ沢山鴎がいるなら食べることがあるかも知れない…(-“-)
 すでにそのお客さんは韓国に帰ってしまい、連絡を取っていないが、彼が食べたことがある鴎とは、豚肉だったのだろうか?
 それとも本当に鴎だったのであろうか?
 長い間誤解していた韓国語に出会うというのも面白いものである。

1 thought on “ジャガイモ鍋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。