新しい学校開校


 今日から新しい韓国語学校に通う事になった。
 正確に言うと、前回まで通っていた学校の先生が立ち上げたもので、担任の先生は、前回と同じ先生なのだ。
 今回は第一回目という事で、今後の授業をどのように進めてゆくかについての希望調査が行なわれたのだが…


 残念な事に、今回の学校は2人しか集まらなかった。
 それも女子不在です…
 女の子が目的で通っているわけではないんですけどね…
 本来ならば4人以上集まらないと開講されない講座だったらしいのだが、おそらく生徒の希望を反映しての措置だったに違いない。
 本当にセミプライベートレッスンです(^^;
 今回は映画のワンシーンを見たあと、先生からの質問を受けるなんて面白い授業だった。
 教材に使われたのは「ハン・ソッキュ」という有名な俳優さんが自らメガフォンを取った
사랑할따 이야기하는 것들 愛するとき話をする事
だった。
 薬局に勤める主人公が、お客さんに薬を売るシーンから始まり、次のシーンで女性が誰かと電話をしている…
 あまりにも唐突に始まり、舞台背景もまったく分からない中での聞き取りはさっぱり分からない。
 時間にして1分程度のシーンだが、五回近く聞きなおし、先生からの説明を受けてやっと理解できた…
 なんともまぁ、まだまだ私の韓国語も遠い道のりである。
 昨日、いや、朝方まで飲んでいたのだが、学校が終わってからビールを購入。
 新しいサントリーモルツだ。
 飲んだ感想は、正直言って以前のモルツより、味が単純になってしまったのが残念!
 以前のほうが味が複雑で美味しかったなぁ。
 ちょっと切れが早い気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。