陳麻家


担々麺 680円
 先日、先輩のサポート失敗を調査するために、秋葉原の某専門店を訪問。
 20分近く待っていよいよ自分の番が回って来た。
 ところが状況を説明したところ
それ、おかしいですよ。
どこか壊れているんじゃないですか?

 そうかもしれないけど、何だかもやもやした気分です。
 こういう時にはラーメンしか無い(。☆)\(-_-#)


 ネットで調べてみたら今まで気付かなかった場所にラーメン屋が多数点在してることに気づいたので、裏通りをせめて見ることにしました。
 通りを挟んで二件のラーメン屋を発見!
 さて、どちらに入ろうか…
 まぁ、私の場合美味しければ二件とも行ってしまう人間なのですが、とりあえず担々麺にチャレンジしてみることにしました。
 店の雰囲気は中華料理屋ですが、バックに中国の歌謡曲が掛かっているところを見るとチェーン店て言う感じです。
 メニューは担々麺の他に醤油ラーメンや塩ラーメンもあったけど、麻婆豆腐とかチャーハンと言った中華料理の定番以外はおつまみ系のものしかおいていない。
 どうも中途半端にラーメン屋って感じです。
 注文した担々麺はすぐに出てきました。
 見た目にも普通の担々麺で、中央に緑色の草(おそらくほうれん草)とひき肉がぽつんと載っています。
 スープを一口…
 どこにでもある担々麺。
 麺は九州トンコツラーメンに使われるような極細麺。
 ゆで加減は結構好みでした。
 あっという間に食べ終わりましたが、味に深みがありません。
 作業工程を見ていた訳ではありませんが、まるでカップラーメンを食べさせられているような感覚になりました。
 決して不味いということではないのですが、やはりチェーン店のアルバイト店員がマニュアルどおりにスープにお湯を入れて、規定時間どおりに麺を湯がいていれるだけって感じ。
不味くないが感動も全く無し!
 お腹の具合はまだまだ行ける感じでしたが、向かい側の店も今イチな感じに見えたのでそのまま秋葉原を後にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。