らーめんまる玉


まる玉らーめん 600円
 今日はまる玉さんにお邪魔しました。
 以前、ラーメン王が出ていた番組で紹介されたため、知るようになったのですが、なかなかそちら方向に行く機会が無かったので、ちょいと遅い取材になってしまいました。


 店に行った時間はランチタイムを大きく超えた午後2時過ぎ。
 それでもお店の中はほぼ満員状態。
 全く並ばなかったから良かったですけど、ずいぶん繁盛しているようです。
 さっそくラーメンを注文すると、すぐにどんぶりが出てきました。
 沖縄を思わせるような、カラフルなどんぶりが奇麗ですね。
 ちょっとどんぶりが小振りなあると思いますが、値段が600円ですので、許容範囲です。
 さて、まずラーメンを食す前に写真をば…
 すると、オジサンが
ちょっと待って!
と言いながら、どんぶりを少しだけ、回すではありませんか!
 オジサン曰く
ちょっとこだわりがあるんですよね~
と言っていました。
 おそらく、お客かどんぶりを見て、頂点に叉焼、右手に「あおさ」、左手に万能ネギが位置し、あおさと万能ネギが横一直線になるようレイアウトデザインされているのが、このラーメンの一番美しい姿だとおっしゃりたいのでしょう(^^;
 もしかすると、叉焼を水平線から昇った太陽をイメージしているのかも知れません。
 さて、お味の方ですが非常に優しい塩味です。
 鳥を煮込んであるのでコラーゲンたっぷり。
 言うなれば鶏を使った豚骨スープみたいなもの。
 醤油ラーメンのベースになっている鶏ガラのように、非常にクリアなものではなく、鶏の旨味を前に出そうって言う感じでしょうか。
 豚骨になれているとスープにパンチが弱い気もしますが、その分トッピングで角煮が用意されているようなので、そちらの方で保全するのも良いかも。
 トッピングに入っているあおさは岩海苔なのでしょう。(間違っていますかね…)
 この店のご主人は海が好きな人のようなので、海をイメージしたラーメンなのかも知れません。
 私は豚骨も好きですが、こういうラーメンも好きです。
 もっと近くにあったらたまには食べに行こうかとなると思います。
 ただ、トッピングで味を変えようと思うとかなり高く着くようです。
 このサイズのラーメンで、あれこれトッピングを加えるとすぐに千円を超えてしまう!
 そこだけがちょっと引っかかるところです。
 以上、宣教師のラーメンレポートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。