iPod touchでハングル入力(1)


 現在「宣教師13」ことiPod touchでハングル入力を行うべく格闘中である。


※以下のコンテンツは過去のものであり、リンク先や内容が古くなっています。
 前日のブログにも書いたとおり、iPod touchは住所録やアドレス帳の編集もできるなど、今までのiPodから電子手帳的に進化したといえる。
 まぁ、iPhoneからデジタルカメラと電話機機能を省いたものがiPod touchだと言う人もいるのくらいだし、それならいっそのことよりエンターテイメントな機器になって欲しいなぁと思う。
 いや、そのことに関してふと頭によぎるものがあった。
 もしかすると、iPod touchはポータブルエンターテイメントマシンに進化する可能性がある。
 現にAppleの正式サポートを待たず、独自のアプリケーションを開発している人達が数多くいる。
 このままビジネスライクな電子手帳に進化させてもよし、任天堂DSをもしのぐゲームマシンにすらなりうるのではないかと…
 そう言う可能性を秘めているのがiPod touchなのかもしれない。
 さて、とりあえずというか、iPod touchにハングル入力をさせるにあたり、ファームウエアのバージョンダウンという儀式を行わなければならないそうだ。
 私が参考にしたサイトはこれ!
http://ipodtouchlab.com/hack/112-111.html
 このサイトの運営者はWindowsユーザであるため、MacUserの私からちょっとだけ注意点を上げてみようと思う。
 MacOS標準のブラウザであるSafariで、上記のファームウエアをダウンロードすると、どういう訳だかZipファイルが展開されてしまい、iTunesでファームウエアのバージョンダウン用ファイルとして認識出来なくなってしまう。
 Windowsマシンを使ってダウンロードしようかとも思ったのだけど、Internet Explorerという古いブラウザソフトを利用したところ、展開されずにファームウエアを保存することが出来た。
 とりあえず、1.1.2 > 1.1.1 ダウングレードに成功したところで、ちょっと一息。
 一通りバージョンダウンしたiPod touchを見てみると、スケジュール帳(カレンダー)の編集機能が無くなっている!
 そのくせ、住所録の編集機能は残っているというのだから、ちょっと変な感じ。
 この後、iPod touchを野に放つ「jailbeak」ということを行うのだが、ここからは非常に危険というか、自己責任の世界に入って来る。
 あれこれ検索してみたところ、iPod touchで下記のアドレスに接続させるのが一番手っ取り早いようだ。
http://jailbeakme.com/
 さて、このソフト?をインストールしたところ、何やら金をよこせみたいな表示が出た。
 英語がチャルモッテン(できない)私の推理だが、このインストールサイトを作った人が、この労力に対してカンパを募っているものだと思う。
 もしかしたら詐欺サイトかもしれないので、迷わず一番下の選択肢(おそらく無視みたいなもの)を選んでひとまず終了です。
 これでお膳立ては整いました。
 早速ハングル入力をしてみましょうか!
…といいつつ続く(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。