韓国人とベーゴマ大会の巻


 昼過ぎに探偵から電話がかかって来た。
 以前から話に聞いていたのだが、千葉県新浦安駅近くにある郷土博物館というところで、子供にベーゴマやカルタを教えているそうだ。
 今日は新年ということでベーゴマ大会が開かれるそうで、探偵も見学というか子供相手のサンタさんみたいな感じで参加しているらしい。
 まぁ、ベーゴマは子供の頃遊んだ記憶が無いので、あまり興味が無いのだが…
今会場にネイティブの韓国人が来ているんだ!
一人は日本語が上手だけど、もう一人は前々ダメ。

あぁ、そうなの?
今、ちょっと書類作成中なんだけどねぇ…

二人とも美人の女子大生だぞ!
通訳の要請だな!よし分った!(^^;
 かくして、タクシー飛ばして会場に向かった宣教師で有りました。



 髪の長い方が金さん、ショートカットの子が雪(そる)さん
 二人はソウル在住の大学生で、現在日本に旅行にきているそうだ。
 金さんは以前、某大学の交換留学生として浦安に住んでいたこともあり、雪さんに日本文化を見せるため、この郷土博物館を訪れたそうだ。
 今日がたまたまベーゴマ大会が開かれるというので、参加したというわけ。
 大会が始まる前に、あれこれお話をしたのだけど、探偵は実際に僕が韓国語をしゃべる姿を初めて見るようで、一応通じているのを見て驚いてくれました(^^;
 時々、聞き取れない部分をごまかしていたんですけど(^^;

 参加者のほとんどは小学生ですが、ベーゴマ初体験の二人はずいぶんと楽しんでいたようです。
 試合の方は、雪さんが初戦敗退、金さんが3位決定戦まで残ったものの、このベーゴマ教室で鍛えた小学生達にかなわず、残念な結果となりました。
 ベーゴマ大会が終わった後、二人はダイエーとかイトーヨーカドーで買い物がしたいというので、探偵の乗って来た
ポンコツ軽自動車
に乗せて送って上げました。
 このポンコツって言葉を韓国語でなんと言うのか?
 ずいぶん前に役に立たない韓国語に書いたことがあるので、すぐ出てきました。
 答えは
똥차:ウンコ車(直訳)
 このポンコツって言葉ですが、金さんと私が持っていた電子辞書を見たところ「家畜を殺す時のこと」みたいなことが書いてあるんです。
 それは日本人でも使わないし、通じないよ!なんて話になりました。
 辞書って書いてあることが全て正しいとは限らないということを久しぶりに実感しましたね(^^;
 今日は探偵のおかげで楽しい一日となりましたとさ。
 めでたし、めでたし。

1 thought on “韓国人とベーゴマ大会の巻

  1. 新しいブログに書き込みをありがとうございます。
    で,さっそくですが
    宝塚ではないので,설さんは「雪」さんではなく「薛」さんですね。
    珍しい苗字ですが,ぼくも何人かの「薛」さんには会ったことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。