麺一筋


魂のラーメン 700円
 以前、ラーメン好きの友人から
喜多方ラーメンが好きなんだけど、どこか美味しい店は知らないですか?
と質問されたことがあったのですが、喜多方ラーメンの店は都内では「喜多方ラーメン 坂内・小法師」ぐらいしか思い浮かびません。


 まぁ、喜多方ラーメンというカテゴリー自体、あまり良く理解していないことも有りますけ、小法師のラーメンを基準とするならば、あまり派手ではないあっさり醤油味といったものなのでしょうね。
 先日、探偵とドライブをしたとき、ふと目に入って来たのが今回のお店。
 おっと、こんなところに喜多方ラーメンの店が有るじゃないですか!
 私は後ほどレポートするからというメールを書いた訳です。
 さぁ、今回のお店はどんな味なのだろうなぁ…
 味の期待もさることながら、友人へのレポートだからよく味を吟味しないと…
 そう思いながら、看板を探した訳ですよ。
 そうしたら…
……!Σ( ̄□ ̄;)


喜多方ラーメンじゃな~いぃ。
(ノ゜o゜)ノ オオオオォォォォォォ-

御免なさいm(_ _)m
 最初からつまずきながらのレポート開始です。
 さて、店に入ると、カウンターが横に並んでいて、面白いことに、厨房が正面に無く、右手カウンターの横に有りました。
 ようするに、もの凄く横長なお店なんですね。
 うなぎの寝床って感じです。
 そしてまず気になったのが床です。
 スニーカーを履いて行ったのですが、床が油でヌルヌルでした。
 一見清潔そうな店なのですが、ちょっと気を許すと転びそうで、最初からマイナス評価です。
 とりあえず色々な味が有るようですが、一押しという「魂のラーメン」というのを注文しました。
 600円の基本の醤油ラーメンに100円追加すると、色々なトッピングが付いて来るようです。
 備え付けられている漫画などを読んでいると、直ぐにラーメンが出てきました。(三丁目の夕日…もっと読みたかった)
 一見して醤油味。
 スープを飲むと鰹節やサバ節を使っているのでしょうか、あっさりながらも和風な感じがします。
 だけどちょっと油が多いかな。
 喜多方ラーメンもわからないけど、尾道ラーメンというのももっと分らないです。
 麺の茹で加減はまずまず。
 平打の中太麺でスープに良く絡みますが、いかんせんスープがちょっと弱い感じなので、あまり美味さの感動はなかったです。
 ただ700円のラーメンとしては、トッピングが多めですのでお得感は有りますね。
 まぁ、近くにこのラーメン屋さんしかなければ仕方ないけど行くかって感じです。
 駐車場も無いし、積極的に行く店ではないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。