Kクラブ新年会


 今日は(というより昨晩に開かれたのだけど)Kクラブの新年会に参加。
 今回はM先生と連絡着かず、I氏も仕事の関係で不参加。
 結局いつもの悪友両津と、たまたま我が家に遊びに来ていた先輩の3人でこじんまりと開かれることになった。


 このクラブは「韓国クラブで歌を歌う」とか「新しい韓国語のネタを仕入れる」と言った集まりであるが、悪友両津氏は
若くて可愛い女の子と友達になりたい
ということが頭にあるので、いつも新しい店に行きたがる。
 ところが、結局最初に提示された金額より高い授業料を払わされることもしばしば。
だからいつも変な見せ行くくらいなら「貞美(ちょんみ)」が安心して飲めるっていってるじゃないの!?
と釘を刺しているんですよ!
 私は!
 まぁ、面白ければ良いのだけどね(^^;
 そういうメインは置いておいて、まず韓国料理を食べるのが、このクラブの慣しである(^^;
 今回はグルナビで「島の村」という場所を見つけたので、割引チケットを印刷して現地に行ったのだが、前日までに予約が入っていなかったため、臨時休業したらしい。
 実は、この店のマネージャーとは、以前同じ韓国語学校で勉強をしていた仲間なのだ。
 突然来て驚かしてやろうかと思ったのだが、残念でした。
 結局、いつも行く「我が家」という店に入り、ビールをがぶ飲みしつつも、韓国料理に舌鼓を打つ。
 この「我が家」という韓国料理の前に我々が良く行く「貞美(ちょんみ)」というスナックがある。
 我が家で働いている女の子の一人は、貞美のママと姉妹だったりするのだが、現在二人は喧嘩中らしい(^^;
 2時間くらい馬鹿話をした後、いよいよ出撃だ!
 今回選んだ水割り大学は「貞美(ちょんみ)」というスナック。
 もう何度も行っている店で、とにかく安心して飲める。
 お姉さんは…(-“-)

 こんな感じのママが一人だけで~す(^^;
 決して若くも奇麗でもありませ~ん。
 だけど、こういう元気で頑張っているママが気に入っているんですよ。
 私の場合。
 両津はいつも「違うところに行こうよ!」というけど、ぼったくられるくらいなら、貞美に行って笑って帰って来た方が良いですから。
 ママは日本語が結構できるので、日本人でも前々大丈夫。
 だけど、この店には韓国の人も良く来るので、韓国語ができた方が面白いのだ。

 このことディエッとしちゃいました(^^;
 だけど、この子はお店の女の子ではなく、お客さんが勝手に厨房に入っているだけなんですよ。
 どちらかというと、このお店はママをしたってやって来るお客さんと楽しむ店って感じです(^^;
 ママは元々パンソリという韓国の伝統民謡を修行した人で、リクエストすればパンソリをやってくれます。

 どうしてパンソリするのにセーラー服なのかって?
 なぜでしょう?
 この店のママは乗って来ると変なコスプレをしたり、パンチラをいとわずセクシーダンス(見たかぁ無い)をやってくれるんです。
 とにかく頑張って仕事してます。

両津はママを嫌がっているんですけどね…(-“-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。