2007年宣教師が選ぶラーメン大賞

 すみませんねぇ、まったくもって、最近ブログの更新が不定期になってしまって。
 ネタの収集は常に行っているし、それこそ一軒の店で2杯もラーメンを食べることが有るのに、酒飲んでつぶれることの方が多いです。
 それでもって、休みが入ると一挙に更新をするから読む人も大変だろうし、日付も適当に修正出来るブログサイトなので、過去にさかのぼるといつの間にか修正されているコンテンツも有るので、読む人は大変だと思います(^^;


 先日行ったサバイバルゲームで撮影した写真も、まだ同僚に配っていません。
 iPod touchで閲覧してもらっているので、まぁいいかなぇと(^^;
 さて、本来なら昨年末にアップするはずだった、2007年度宣教師が選ぶラーメン大賞を発表してみたいと思います。
 まず第3位は!
田中商店

ラーメン 600円(替え玉120円)
 受賞の理由は、豚骨ラーメンの王道を行く美味さが決め手です。
 誰が食べても美味しいと感じるかどうかは別問題ですが、とにかく最近食べた一風堂とも違う、これぞ豚骨という潔さが良いですね。
 豚骨醤油が台頭する中で、清々しい程こってりとした豚骨ラーメンは駐車場代を払ってもまた食べに行きたい拉麺です。
 続いて第2位は!
忰家

粋家ラーメン
 とにかく昨年一番食べたラーメン屋です。
 醤油拉麺に分類されるスープは、白菜塩味とも言いたくなるクリアでインパクトのある美味しいスープです。
 本当なら1位でも構わないと思ったのだけど、あえて二位にしました。
 神座(かむくら)の味をそのままパクっているとも言えるのだけど、神座は特定の場所に行かなければ食べれません。
 だけど、忰家は大衆的で食べられるところが多いですからね。
 化学調味料などを沢山使っているかもしれないし、駅の立ち食いそばの部類となんら変わりがない。
 店員さんはアルバイトとパートのおばさんです。
 これで全てのメニューが100円安ければ圧倒的に一意だったんですけどね。
 さぁ、堂々の第一位は!
麺食堂X!!\(^o^)/

塩汁麺 800円
 やっぱり目で楽しませてくれるし、とにかく美味しいの一言。
 是非友達に教えてあげたくなる一品です。
 この店にはつけ麺や担々麺など数種類のメニューが有るけど、バランスが良いのが塩汁麺。
 見た目にシンプルながら奥深いスープの味と良い、麺の美味さと良い最高です。
 昨年はなんだかんだ言って塩ラーメンブームって感じでした。
 豚骨って言うのはどこかごまかしがきく部分が有ると思うけど、塩と醤油はごまかしが利かないって言うのがラーメン屋のセオリー。
 その中でも麺食堂Xは独自の味を追求していると思うし、トッピング、店の雰囲気など、けして華やかではないながらも、人の心を掴む仕事をしているなと思います。
 つい先日も食べに行ったけど、前回食べに行った時の肉が変わってしまっていました。
 コストの面も有るかもしれないけど、できればこれからもできるだけお客さんを感動させるラーメンを作って下さいね!
 また行きます!

1 thought on “2007年宣教師が選ぶラーメン大賞

  1. 今日は奥方といっしょに朝一で麺食堂Xへ行ってきました!
    私は塩つけ麺、奥方は塩汁麺を選択。
    結論としては例の手延べ麺自体を味わうのには
    『つけ麺』がベターですが、『塩汁麺』がベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。