カボジョンカルビ

チドン市場
チドン市場
 韓国は、華やかな商店街、市場が有ると思ったら、すぐその裏手には寂れたような街が存在するのが印象的です。
 雪が降る中も、市場は熱気に包まれていました。



 その裏手にはこのような寂れた部分が混在しているんです。
 さて、色気より食い気の私です(^^;
 水原華城は逃げて行かないのですから、また天気の良い次の機会に一周しますから!
 観光案内所のハラボジ(おじいさん)から貰った手書きの地図は、観光案内所の位置が明後日の方向を向いていたので役に立ちませんでした。
 しかし、ハラボジの話にあった「ピンセット病院」というのが
聖ビンセント病院
であることはほぼ間違いが無かったです。
 興味がある人は、WebPageを調べればかんたんに見つかりますし、チへ氏が行っていたように、歩くのが面倒な人はタクシーで行くのが良いと思いますよ。
 結構歩きましたから(^^;
 道順的には

 八達門から八達門通りを南の方に進み、原川路を左折、聖ビンセント病院を左手に見ながら少し進むと東水原ネゴリという大きな交差点に出ます。
 ここを右折して約200メートル、1つ目の信号機を右折すると、左右にカボジョンが見つかります。

 簡単でしょ(^^;
 だけど、私は3回くらい道を聞きましたかね。
 子供をオンブしたお母さんに聞いたら「名前は知っているけど行ったことが無い」なんて行っていました。
 東水原ネゴリで警察官がいたので聞いたところ、私が向かっていた方向は間違いなかったことが確認出来て安心しました。

 途中で見かけたガソリンスタンド。
 無鉛ガソリンがW1619、軽油がW1429。
 ガソリンの値段は日本より遥かに高いですよね。
 やっぱり税金の関係なのでしょうか?

 やった!\(^o^)/
 カボジョンカルビに到着です。
 ところが、良く見たら、とおりの反対側にももう一見カボジョンカルビという店が有るじゃないですか。
 もしかしたら、支店みたいなものでしょうか。
 カボジョンカルビの中に入ってビックリ。
 凄い豪華な作りのレストランです。
 私はホテルのフロントみたいな感じで立っていたお兄さんに
予約しないとダメなんでしょうか?
なんて聞いてしまいましたが、予約無しでも大丈夫でした(^^;

 今日も良く歩いたのでまずはビールです。
 ほどなくしてカルビが到着。

 オネェさんがハサミで骨付きカルビを切ってくれますが、自分でひっくり返したりしていたら「私がやりますから」と怒られてしまいました。
 今回頼んだのはオーストラリア産の牛さん。
 写真に写っている骨付きカルビが2枚が一人前、W28000!!
 かなり値段的に来ていますが、韓国産のブランド牛「韓牛」だとカルビ一人前でW35000!!
 ちょっとやっぱり高級品です。
 だけど、ものは考えようです。

 6人は座れると思うテーブル一杯におかずが出て来ます。
 これも韓国ならではですね。
 2~3人でくれば結構美味しく食べられるのではないでしょうか?
 一人だとこういうときがダメですね。

 ニンニクとエリンギ、そしてお肉をサンチュに巻いてほおばります。
 炭火でじっくり焼いたカルビは美味しいです!
 ビール1本とカルビ一人前でW32000ですから、たまの御馳走と思えば安いもの。

 最後は甘いコーヒーで締めです。
 コーヒーはいかがですか?何て言われたので、ちゃんとしたブレンドコーヒーが出てくるのかと思ったのですが、やはりここも韓国流。
 だけど、ニンニクや調味料でひりひりしている口の中に、甘ったるいコーヒーがとても良く合います。
ごちそうさまでした\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。