(元)大島ラーメン


 「大島ラーメン」は、都内で結構あちこちに出店しているラーメンチェーン店である。
 正直何度か食べたことがあるのに、味を思い出せないばかりか、
餃子の味はまずまずだったな
なんて話しが頭をよぎるしまつ。
 そう言う大島ラーメンチェーンのとある支店が、いつの間にか
究極のとんこつラーメンの店
としてリニューアルオープンしていたので入ってみることにした。


 店の入り口に立った時
この店やってんのか?
と言うマイナスオーラを感じたのだが、どうやら一応営業をしているようでした。
 店に入ると先客が一人いてラーメンをすすっている。
 豚臭い臭いが立ちこめているので豚骨ラーメンの店であることは間違いないようです。
 この店で一番ベーシックなラーメンが「豚骨ラーメン」だというので、食券を買って注文しましたが、700円はちょっと高いなぁ。
 美味しければ良いのだけど…
 さて、出て来たラーメンはいわゆる九州豚骨ラーメンとは違うようで、どちらかと言うと醤油豚骨のようなスープでした。
 スープを一口…(-“-)
 これって豚骨なのかなぁ?
 麺は中細の中華麺で茹で加減はまずまずなのだけど、自分の中でイメージしていた豚骨ラーメンとは全然違う訳ですよ。
 そして、店の中で感じたような豚臭さは全くないのに、豚の背脂が浮いている。
 クリアなスープの醤油ラーメンとも違うし、魚介系と動物系をブレンドした複雑な味の豚骨ラーメンでもない、非常にコンセプトがぼやけた味のラーメンでしたね。
 最後にニンニクペーストを入れてスープを全部飲み干しましたが、どうも納得がゆかない。
 これで究極の豚骨ラーメンを騙るのは分不相応でしょう。
 したがって、この店の位置も、本当の名前も出さないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。