マルちゃん 二刀流味噌豚骨麺


 昼間、お店でおいしいラーメンを食べたと言うのに、夕ご飯にカップ麺です。
 今回のカップ麺は二刀流と書かれた変わった麺。
 細麺と、少し幅広の麺の二種類の麺が一緒になったものらしいです。
 値段もコンビニ価格で200円しないのを見て分かるように、昨今の高級思考とは違った、安物麺です。


 さて、パッケージの中身は
・ 後入れ粉末スープ
・ 後入れ液体スープ
・ 後入れ乾燥具
の三種類ですが、全て後入れと言うのも珍しいですね。
 お湯を入れて5分で出来上がり。

 スープは味噌味を強く感じますが、豚骨はどこに行ったのかって感じ。

 この麺の売りである、二種類の麺と言うのも、食べていてそれほどありがたみを感じませんね。
 それ以前に、麺が安いっぽすぎるので、スープに絡みません。
 スープは最後まで飲んだけど、最近流行の高級思考のラーメンばかり食べていると、どうしても安物感は否めません。
 どうせ同じ200円なら、量が少なくても十勝新津のミニカップの方が、心まで満足できる感じです。
総括!
 やっぱりカップ麺と言えども味ですね。
 ノンフライ麺と言えども、麺が不味くては一杯の料理としては不完全です。
 食べられれば良いや!という時代はもう終わったのだと感じます。
 そう言いながらも、安っぽい麺でも味付け次第で美味しく感じる時が有ります。
 安いながらも総合的な一杯を目指すのは難しいですよね!
 このカップ麺は、もう食べませんけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。