せたが屋


ひらつけめん 750円
 品達三軒目。
 この店もラーメン屋さんとしてはかなり有名で、海外にも出店していると言う名店らしいです。
 汁物はキツいので、つけ麺をチョイスしました。


 宣教師君、ぴ~んち!
 どういう訳だか、今日は喉が渇いて、一軒目のTETSUで水をがぶ飲みしたのがいけなかったようで、お腹の具合が悪くなって来ました…
 ちょっと苦しいです。
 店の中に入って待つこと5分程度でつけ麺の登場。

 普段なら、麺800g位はぺろりと食べられる宣教師では有ります。
 今回も4軒目はダメでも、3軒くらいは許容範囲と思っていたんですけどね…
 味の方は、正直言って一軒目に食べたTETSUと味の方向性が全く一緒です。
 どちらが先だか後だか分かりませんが、日本人の志向として、このような節系のスープは、好まれる傾向に有るのでしょう。
 つけ汁は、TETSUの様にどろどろしておらず、私はこちらの方が好きです。
 だけど、味のアクセントをつける工夫として、「つじ田」では柑橘系の果汁をかけるとか、黒こしょうをかけると言うこともやっています。
 同じラーメンブース内に、同じような味のラーメンがだぶってしまうと言うのはどうなんでしょうか?
 重ねて書きますけど、TETSUの方がインパクトのある濃いめのスープでは有りましたが、濃いだけで味の方向性と言う物はせたが屋とほとんど同じなんですよ。
 是非とも切磋琢磨し、個性あるラーメンを食べさせて下さいね!
 また来ます!