OLYMPUS E-3購入


 オークションで購入したOLYMPUSのフラッグシップデジタル一眼カメラ「E-3」が到着しました。
 先月末、OLYMPUS E-420とパンケーキレンズを購入したばかりでしたが、頭の中には、月末に発売されるE-520のことばかり浮かびます(ToT)


 先日フットサル大会で使用した、
ZUIKO DIGITAL 18-180mm-F3.5-6.3
と言うレンズを買ったのも、出来ればカメラを1台に絞りたかったため…
 ところが、ZUIKO DIGITAL 18-180mmが欲しくて買ったのに、E-510がもう一台付いて来ちゃったんですよ(ToT)
 非常にメンドクサカッタのですが、手元に合ったE-510とレンズに付いて来たフィルターなどの付属品と、更にもう一台増えてしまったE-510をさばいているうちに、結構利益と言うか、見た目にもE-520を購入しても差し支えないくらいのお金が手元に残りました。

 だけど、スマートさに惚れて購入したE-420です。
 手ぶれ補正が付いているからと言って、ほとんどカテゴリーの変わらないE-520は、非常に悩む物が有りました。
 正直、今年の春に韓国旅行に行った時も、結局はE-510をメインに使っていましたし、どうしてもE-420との共存と言うのは難しかったんですよ。
 E-420の存在意義が無くなってしまうんです…
 E-420はカッコいいけど、ここぞ!という時には手ぶれ補正付きのカメラが無いと不安…
 パナソニックから発売されている
LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. L-RS014150
というレンズ内手ぶれ補正が装備されているレンズを購入すれば、E-520を購入する意義も薄まります。
 ところがこのレンズ、13万円というのですから、ぶったまげです。
 そんでもって、ついつい、オークションに出ていたE-3をポチットやっちゃった訳ですよ(。☆)\(-_-#)
 今回購入したE-3には、通称縦位置グリップなるものまで付いていました。
 縦位置グリップマニアの奥戸商会さんなら、迷わず利用するところでしょうけど、私はただでさえ重くなる縦位置グリップは使うつもりは最初から有りませんでした。
 このブログは、一ヶ月近く経ってから書いている物ですから、結論を言いますと、
(E-3+縦位置グリップ)-縦位置グリップ-E-510
の差額が6万円弱でした。
 この方程式が有ったからこそ、E-3を購入したんですよ!
 そこそこお小遣いを貯めている私ではありますが、やはり有意義な買い物を心がけている訳ですm(_ _)m