DANDELION 3.0 (1)


 OLYMPUS社製デジタル一眼レフカメラ用レンズアダプタ
DANDELION 3.0(ダンデライオン3.0)
が到着しました!
DANDELION 3.0のWebPage
http://oly43club.ru/


 私がダンデライオンを知ったのは、OLYMPUS E-3を解説した「OLYMPUS E-3 マイスターブック」の記事でした。
 OLYMPUS社のFour Thirds規格カメラに心底惚れたロシアの人達が、自分たちだけで作ってしまったって言う話のようです。
 ダンデライオンってなに?って人の為に解説しないと行けないでしょうね。
 OLYMPUS社製(たぶんPnasonicのデジカメを含む)Four Thirds(フォーサーズ)規格のデジタル一眼レフカメラに、銀塩世代のオールドレンズを装着する為のアダプターなんです。
 僕もE-410を購入した後、似たようなマウントアダプターを購入したんですが、オールドレンズを使うには色々な制約と言うか、どうしようもない部分が有った訳です。
 ダンデライオンはただのマウントアダプターではなく、様々な恩恵を与えてくれる夢のアイテムって言って過言ではないです。
 ダンデライオンの特徴を説明しましょう。
1 オールドレンズを付けてもフォーカスエイドが効く
 デジタル一眼レフカメラと言ったら、シャッターボタンを押したら、自動でピントを合わせてくれるのが当たり前ですが、オールドレンズは、人間がピントを合わせないといけません。
 PENTAXなど、他社のデジタル一眼レフカメラは、オールドレンズを付けても、ピントが有ったところで「ピピッ!」と言う音と共に赤い光の表示で、ピントが合いましたと知らせてくれる機能が有ります。
 これをフォーカスエイドと言うのですが、OLYMPUSのデジイチにはこの機能がなかったんです。
 まぁ、三脚を構えてライブビューで撮影すれば、ピントはばっちりあわせられるのですが、やっぱり三脚を構えると気軽にパシャパシャ、シャッターを切ることも出来ないし、ファインダーを覗きながらピントを合わせる醍醐味と言うものもある訳ですよ。
 私もオールドレンズは何本か持っていますが、望遠レンズならなんとかピントが合わせられるのですが、広角レンズだとなかなかピントの山と言うのが見えないで、これはちょっと使い物にならないなと思っておりました。(腕と目が悪いのよ(^^;)
 ダンデライオンを装着することで、広角レンズでもかなりきっちりピントを合わせられるようになる訳です。
2 絞り値とレンズの長さを指定でき、EXIFに記録できる
 フォーカスエイドだけ見ても、ダンデライオンを購入する価値はあると思いましたけど、このEXIFを記録できると言うのは凄いことです。
 OLYMPUSのデジイチであるE-510,520、E-3には手ぶれ補正機能が付いています。
 ですが、レンズの長さをボディー側で指定しないと、手ぶれ補正が上手く機能しません。
 これをダンデライオンの、独特なプログラムによってボディー側に、レンズの長さと最大絞り値を伝えることが出来、撮影された写真にEXIFファイルとして記録できるので、後から「どのレンズで撮影したか」確認することが出来る訳です。
 残念なことに、オールドレンズの絞りリングを回しても、ボディー側には絞り値が変わったことを知らせることは出来ません。
 また、ズームレンズの場合にも、レンズの長さ(と表現するのか?)が変わったことを、ボディーに知らせることが出来ません。
 この2点については、後で問題点として記述しますが、絞り値とレンズの長さを変える度に、ダンデライオンを操作して、数値を変えることにより、対応することは出来ると思います。
 非常にめんどくさいですけどね(^^;
 さて、ダンデライオンの気になるお値段ですが、マウントアダプター抜きのお値段が20ユーロ(日本円で約3,3927円)。
 今回購入したのはOLYMPUS OMシリーズ用のマウントアダプタにダンデライオンを装着したタイプの物が31ユーロ(日本円で約5,257円)。
 支払い方法は色々有るようですが、海外オークションで一般的なPayPalの場合、ロシアでは対応していないとの理由で、友人を介するため、一割アップになるとのこと。
 それでも今後オークションなどで利用できるかもしれないので、PayPalでの送金を選択しました。
 送料込みで42.2ユーロ(日本円で7,156円)でしたが、PayPalのレートでは7,266円
 安い?高い?
 ちなみに、購入までの流れですが、7月2日に購入希望のメールを送ったところ、7月3日に返信が有り、送料を含めた料金を請求されました。
 その後、PayPalへの登録を行い、7月4日に支払いを済ませたというメールを送ったところ、7月5日に「週末に送ります」と返信が有りました。
 7月9日に「郵便局から送りました」というメールが有ってから丁度2週間で手元に届きました。
 さて、次回は実際にダンデライオンを装着するところを解説してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。