斑鳩(2)


らー麺 650円
 今何時だ?
 よし!今から電車を乗り継げば11時30分には到着できる!
 急げ!
 どうしても斑鳩のらー麺が食べたくなって、今日のような日を密かに狙っていたんですよ。
 美味しいらー麺と言っても、味の記憶と言うのは中々長時間持たないものなので、またあの感動を味わいたくなるのです。


 駅から歩くこと10分弱で、斑鳩に到着。
 まだ11時30分だというのに、店の前には10人くらいの行列ができていました。
 前回は30分以上待たされましたが、今回は10分程度で入店できました。
 店の入り口で食券を買い、店員さんに渡します。
らー麺と油そば…
 いきなり2杯の注文です。
 カウンターに座ると、名物店長が優しく出迎えてくれました。
 店長は笑顔を絶やさず、実に小さな声で
いらっしゃいませ
とつぶやいています。
 カウンターに座ってから結構時間がかかりましたね。
 後から私の横に座った人の方が先に注文が出て来たくらいです。
 10分近く待ってらー麺の登場です。
 まずはスープから行くのが本流だと言われるところで、たまらず麺からすすります。
 少し柔らかめと感じましたが、プリプリ感のある美味しい麺が、独特のスープに絡んで、実に官能的です。
 以前もレポートした通り、このスープは一応動物系と魚介系のダブルスープです。
 トッピングとして載っている叉焼は、ラーメン屋の常識を打ち破るかのような美味しさ。
 豚さんの種類が違うのでしょうね。
 高級ハムの味がします。
 スープにもその高級ハムのエキスが溶け込んでいて、実に官能的です。
 トッピングで乗っている支那竹は、他店と比べると実に上品に煮込まれていて、スープの味を壊しません。
 あっという間にスープまで飲み干してごちそうさま!とどんぶりをテーブルに置いた瞬間

ガーリック油そば 770円
 油そばが目の前に出されました。
 凄いタイミングです!
 ある程度狙って出しているとは思いますけど、私は結構ラーメンを食べるスピードが速い方なんですよ。(今回のらー麺も4分弱で食べてました)
 本当にらー麺のスープを飲み干して、テーブルに置いた瞬間に油そばが出て来たので、本当にびっくりしました。
 油そばと言っても、基本はラーメンと同じようなスープを麺に絡めている感じでしょうか。

 変わっているのが、麺が2種類入っていることです。
 お店の人から渡されたマニュアルを見ながらとにかくスープと麺を良くかき混ぜ、麺をホウバリます。
 面白い味です。
 斑鳩のらー麺の味を引き継ぎつつも、刻んだタマネギや、ガーリックチップ、あの叉焼の切れ端などがゴロゴロ入っているので面白い食感です。

 こんな叉焼がゴロゴロ入っているのがうれしいです。
 正直、らー麺をスープまで飲み干した直後の2杯目ということもあったのでしょう。
 この油そばは、具を含めると、500g位あるのではないかと感じる程のボリュームがあります。
 おかげで、2件目に行く余力が残っていませんでした(。☆)\(-_-#)
総括
 現在のところ、今年ナンバーワンのラーメンは、この斑鳩でほぼ間違いないと言っていいかも知れません。
 油そばはボリューム感もあって素晴らしいと思う反面、やはりノーマルならー麺の魅力にはかなわないと思います。
 次ぎは塩ラーメンも食べてみたいですね。
斑鳩最高\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。