つけ麺 紫匠乃


紫つけ麺 大盛 800円
 ラーメン激戦区と言われる通りを流していると、気になるお店を見つけました。
 見た目にはちょっとぼろい(失礼)平屋建てに、大きな赤い提灯が目につきました。


 この店はつけ麺の専門店で、スープがあるのは「ちゃんぽん」だけだそうで(^^;
 つけ麺の味も一種類で、トッピングオプションで出てくるつけ麺の名称が変わります。
 ここのつけ麺は普通盛り(グラム数未記録)中盛り(400g位)が同じ値段で750円。
 50円プラスして大盛りが600gというのが麺食いの宣教師さんにはたまりません。
 お店の壁に貼ってあるのですが、この店は注文を受けてからつけ麺が出てくるまで10分近くかかると書いてありました。
 お客が沢山入っている時間帯なら、見込みで沢山の麺をゆでるでしょうからもう少し時間は短縮されるのでしょうけど、私は中途半端な時間に入ったので、店にはお客は誰も無いため、目の前につけ麺が出てくるまで、やはり10分はかかりましたね。

 さて、麺だけ食べてみます。
 これは美味しいです!
 太麺ですが茹で加減がばっちりで、もちもちしこしことした食感がたまりません。
 本当に、この麺に軽くスープをふりかけてもばくばく行けるくらいの美味しさでした。
 それに比べて光○のつけ麺なんかは、麺がアルデンテ…
 茹で時間を端折り、兎に角早くメニューをこなすことにより、客の回転を速くしようと言う魂胆が見え見え。
 時間がかかると言うのは、それだけ美味しい麺を提供する為には必要なもの。
 もちろん、そのことをお客の方も理解してのことなんですけどね。

 さて、能書きが多くなりましたが、早速つけ汁につけてみます。
甘~い(´Д`)
 味のベースは豚骨と煮干しなどのダブルスープに、お酢と砂糖?を加えた流行の味なんですけど、私にはちょっと甘みが多すぎますね~(ToT)
 つけ汁にはウズラのゆで卵や小さく角切りされた白菜なども入っていました。
 トッピングと言えば、麺の上にあったあぶり叉焼。
 麺の味ばかり評価しているうちに、食べるのが遅くなりました。
 すでに冷え冷えです…

美味い!!Σ( ̄□ ̄;)
 冷たくなってしまった脂身が、口の中でとろけるとかなりの美味です。
 はっきり言って、この叉焼ごちそうです。
 次に食べる時には、すぐにつけ汁に入れて冷めないようにしようと思います。
 写真には撮りませんでしたが、テーブルの上にはゆず胡椒や唐辛子、粉末の鰹節なども置いてありました。
 味に変化をつけたい時には、このようなふりかけを掛けるのも良いかも知れません。
 私にとって太麺600gくらいはあっという間で、味に変化をつける時間は無いですけどね(^^;
総括
 今風の味なので間違いは無いのですが、やはりつけ汁が甘いですねぇ…
 それでも麺とあぶり叉焼の美味さはなかなかのもの。
 またよらせてもらいますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。