標識と面接で脱出


 さて、今回紹介する脱出ゲームは、とある会社が宣伝用に製作した脱出ゲーム。
 マルチエンディングなので、最低でも4回はリプレイしたくなります。
 グラフィックが非常に綺麗だし、ゲーム中に出てくるアイテムの組み合わせも不自然でない。
 そしてなによりプレイするごとにアイテムの場所やパスワードが変化するのがにくいです。
http://www.unit-signs.co.jp/escape/


 世間は不景気で仕事も無く、走っている車ももの凄く少ないと言う。
 はっきり言って、私の仕事はそれなりに忙しいのも幸せに感じなければならないであろう。
 でも、休みの日には外に出ないでネットで遊んでいる事が多いのです。
 いわゆるネットサーフィンをしながら情報を集めるのも良いのだけれど、脱出ゲームを始めると時間が経つのを忘れてしまうくらいです(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。