十兵衛


つけ麺 750円
 以前紹介した「つけ麺 紫匠乃」で、大盛りつけ麺(600g)を堪能したあと、どうも物足りなさを感じた。
 おいしいラーメンと言うのは食欲をそそり、そして胃が更なるラーメンを欲するのであ~る(^^;
 どこか目新しい店は無いかとうろつき回っていると、ありました!
 今回の取材先である「十兵衛」さんです。


 この店は以前何度かチャレンジしようかと訪れたのだけど、タイミングが悪くて定休日だったりしたのですよ。
 さて、お店に入るとガランとしています。
 マスターとバイトの女の子が明るく迎えてくれましたが、どうも引っかかる。
 券売機でつけ麺を注文した後、店員さん達の動きを見ていたのですが…
 マスターがバイトの女の子にあれこれラーメンスープに対するレクチャーをしていました。
 かなり若い子だったので、マスターも力説しているようでした。
 手際が悪い訳でもなく、程なくつけ麺が出てきました。
 まず麺から行ってみましょう。

 平打麺はほんのり小麦の香りがしてまずまずですが、ちょっと固めですね。
 これでつけ汁につけて丁度良くなれば良いのですが、やっぱり麺は固かったです。
 おそらく麺自体の水分が少ないんでしょうなぁ。

 つけ汁はサービス満点で、大量の叉焼が入っていました…(-“-)
 おいちゃん、過剰なお肉はあまり好きでないのですよ。
 それより肝心のつけ汁は、醤油ベースの魚介系で、醤油辛い訳ではないですが、どこかチグハグな印象です。
 ほんのり柚の香りがするなと思ていたら、やっぱり柚のかけらが出てきました。
 おそらくこの店の味付けは、永福大勝軒や新宿目時の流れを汲んでいるのではないでしょうか?
 だけど、所詮は模倣の味と言うか、このつけ麺に関してはまだまだ改善の余地が大有りと思いました。
 スープ割りをしてもらいましたが、どうにももうにもスープを飲み干す気になりませんでした。
 そして…

 あれだけ沢山の叉焼が入っていながら、お皿に盛られた叉焼は何なのでしょうか?
 正直いって、冷たくなってしまった叉焼はあまり美味しいと思いません。
 これをつけ汁の中に入れて温めてから食べてくれって言われても、すでにあれだけ大量の叉焼が入っているのですからもう食べる気になりませんでした。
 たまたまビニール袋を持っていたので、この叉焼は家に持って帰る事にしました。
 うちの猫どもが美味しく頂いたそうですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。