ラーメン04 (3)


タンタンスープでマーボーメン大盛り 850円
 遅い昼食。
 少し歩いてラーメン専門店に行こうかと考えたのですが、お手軽にラーメン04に入りました。
 いわゆる中華食堂の域を脱していないが、一応ラーメン屋さんなのよ~ん。


 雑誌などを読みつつ待っていると出て参りました。

 麺はどこぞの●●製麺とか言う高級ブランドの麺を使っている訳ではないようですけど、シコシコしていて結構好きなのです。
 この麺を沢山食べたいですね。
 このラーメンの名前はちょっと変わっています。
 タンタンスープでマーボーメンとはこれいかに?
 ようするに、担々麺のスープに麻婆豆腐が乗っているって感じなのだけど…
 担々麺のスープと言いつつ胡麻風味のスープに、これまたぼやっとした味付けの麻婆豆腐もどきみたいなものが乗っているだけなのであります。
 だけど、こういう家庭料理みたいなぼやっとしたスープも嫌いじゃない。
 ちょっと前に「担々麺専門店特集」みたいなテレビ番組を見た事が有るけれど、とてもじゃないけど担々麺としては成り立っていないかもしれない。
 四川料理の鉄人、陳健一さんがこのラーメンを見たら
こんなもの中華料理とは認めない!
と言われる事必至です。
 だけど、どこか日本人の私としてはほっとする味だし、不思議と麺の味を損なう事無く味わえるスープはまた食べたくなるのですよ。
 そう、この麺を山盛りにして、このタンタンスープをじゃばっとかけて汁が有るのだか無いのだかって状態でむさぼり食いたいです。
総括
 気合いの入っていないラーメン屋が有っても良いじゃないの!
 麺とスープがアンバランスな店も有る事だし、これで良いのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。