桂花ラーメン(カップ)


 飲み会の後、コンビニに寄ったら新作カップラーメンが売っていました。
 今年はカップラーメンをなるべく食べないように決めたのですが、酒の勢いも有って買ってしまいました。


 このブログでも何度か「桂花ラーメン」を取り上げていますが、好みが分かれる豚骨ラーメンです。
 かなり豚臭い豚骨だし、兎に角麺が生茹でのような食感で、初心者の中には
こんな店、二度と来るか!(-_-#
という人もいるようです。
 でも個人的にこの味にハマってしまっています。
 最近、桂花ラーメンがある都心方向に行く用事がないため、ちょっと寂しいですが、某所に行くとかならず立ち寄っています。
 さて、この名店の味をどこまで再現できているか、非常に楽しみなところです。
 パッケージングは
・液体スープ
・液体麻油
・乾燥具
・レトルト具(支那竹・叉焼)
となっていました。
 乾燥具は最初に麺の上にふりかけ、お湯を注ぎます。
 その間に、液体スープなどをべつのお茶碗に入れお湯で温めます。

 4分待って完成!\(^o^)/
 麻油の香ばしい香りがして美味しそうです。
 このカップ麺を開発したのは、以前めちゃ食いしていた十勝新津という製麺メーカーのようです。
 非常にシコシコした麺を作るのでちょっと期待していたのですが…

 麺自体は悪く有りません。
 さすが十勝新津と言ったところです。
 ですがやはり桂花ラーメンの麺を再現していません。
 もしかしたらスープにだけ「桂花らしさ」を求めたのかも知れません。
 スープは非常においしい部類の豚骨です。
 肝心の麻油が桂花らしさを演出しているのですが、すぐに麻油がスープに乳化されてしまい、パンチ力が薄まりました。
 次回食べる機会があるとしたら、もう少しかき混ぜないようにしたら良いのかとも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。