4月末の秋葉原


 世の中はゴールデンウイークに突入しているようです。
 天気がよいので秋葉原を散策することにしました。
 目的はちょっと気になっている広角レンズの市場調査です。


 単焦点のオールドレンズばかりを買いあさっている宣教師さんですが、広角域に関してはどうあがいても最新のレンズの方が安いし高性能です。

 そうは言っても、本当に自分にその広角レンズが必要なのか?と聞かれたら疑問に思います。
 正直、仕事のストレスを買い物にぶつけたいと言う気持ちも有ります。
 だけど、レンズを買ったら使わなければ意味が無い。

 今回持って行った機材はOLYMPUS E-420にDANDELION4.3を接着したOMマウントアダプタ。
 レンズは50mm F1.4と28mm F3.5。
 おまけに50mm F3.5 MACROも持って行きましたけど、駅に行く途中に花を撮った位でしたね。
 28mm F3.5は以前持っていた24mm F2.8の代替え品でしたが、なかなか良く写ります。
 気持ちがよいですねぇ。

 オートフォーカスのレンズでも気持ちよく取れるのでしょうけど、やっぱりなんとなくですがオールドレンズにハマっている自分がいます。
 できればOM-1のようなMICRO FOUR THIRDSがOLYMPUSから出てくれたら欲しいと思っているのですが、よく考えたら格好だけです。
 OLYMPUS E-420にオールドレンズを着けると十分カッコいいのですよ!

 桜も終わり、サクランボがなっていました。
 写真を撮るようになってから、季節の移り変わりが今まで以上に目につくようになりました。

 花水木だとか、ツツジだとか花の名前にも興味が出てきました。
 綺麗な花は咲き始めが美しいですね。
 ある一定の時間が過ぎると車の排気ガスなどで汚れてしまうし、花自体も枯れかけてくると写真を撮る気が失せてしまいます。
 今年は満足に撮れなかったけど、来年こそ絶好のタイミングで綺麗な花を撮ってやりたいと思う訳です。

 季節は春から夏に傾き始めました。
 まだ新緑が綺麗な時期ですが、もう一月も経つとうだるような暑さがやってくるのでしょうね。
 今回自分でもなかなか気分良くシャッターが押せました。
 少しは進歩したと言うことでしょうかね。
 肝心の広角レンズですが、あと一歩と言うところで
ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5
の中古品を買ってしまうところでした。
 松竹梅で言うと竹レンズで、価格もなかなか手頃な値段でしたが、最近発売された9-18mmがやっぱり気にかかります。
 ZUIKO DIGITAL 9-18mmオークションで落札できなければ、竹レンズの方でも良いと思いますが、はたしてどうなりますことやら…

 結局電車賃をはたいて購入したのはiPodのケース。
 ピンク色限定で100円。
 あと、新しいラーメン屋で担々麺を一杯と、北かまというお店で美味しいつけ麺を頂きました。
 秋葉原も結構写真を撮るところが有るもんです。
 またぶらりと遊びに来たいと思います。