博多ラーメン 長浜や


ラーメン 600円
 本日は恒例となった「悪友両津氏」との夜の勉強会の日である。
 19時に新大久保駅で待ち合わせをしたのだが、両津氏から
先に店に行ってて
という連絡が有ったので、少しだけ待ち時間が必要。
 それじゃラーメンでも食べますか!
 前回新大久保に来た時、気になっていたもう一軒の九州ラーメンのお店を取材することにしました。


 このお店は九州は博多の豚骨ラーメンを出す店のようだが、醤油味とか若干味のバリエーションがあるようだ。
 もちろん九州ラーメンらしく替え玉も可能だし、壁には麺の固さを表す「粉落とし」とかの一覧表が貼ってあった。
 店の中に入ってからすぐに気づいたのだけど、豚骨の豚臭さを感じます。
 この豚臭さがダメだと言う人もいると思うけど、実際のラーメンはそれほど豚臭く無いことの方が多いと思っています。

 韓国人街らしくハングルの表示が有るのも面白いですね。
 そう言えば、風龍にはハングルの表示は無かったと思います。(←間違っていたらすみません)
 券売機で食券を購入。
 カウンターに座り食券を出してから2分くらいでラーメンが出てきました。
 九州ラーメンは細麺のため、麺をゆでる時間が短いので、ラーメンが出てくるまでの時間も当然短いと言う訳。

 
 あえて麺の固さは指定しなかったのだけど、茹で具合は少し固めで自分好みです。
 替え玉はバリ固にしよう!と思っていたら急に電話がかかって来た。
 両津氏だ!
なにラーメンなんか食べてんの!?
 あんたが遅いからだよ!
 折角ラーメンを楽しんでいるのに、ちょっと待ってよ!

 叉焼は肉厚で噛みゴタエも有り結構美味しかったです。
 結局替え玉はおろか、スープまで残して店を出ました。
総括
 直近にライバル店である風龍があるわけですが、コストパフォーマンスとしては風龍の方が良いかも知れません。
 だけど、スープの出来はこの長浜やの方が上だと感じました。
 ラーメン単品の値段も風龍より100円高いけど、ベーシックながら好感の持てる味だったのでまた行ってみたいと思っています。
 両津氏!待ってろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。