つくば十割そば


ダッタンそば 700円
 軽い二日酔いで朝ご飯。
 みそ汁と、梅干し、納豆、湯豆腐、焼き魚。
 何とも日本人らしい朝食だろう。
 二日酔いの胃にも優しく、ご飯もとてもおいしかったです。
 ホテルから再び送迎バスに乗り、つくば駅まで。
 せっかくここまで来たのだから、ご当地ラーメンでもないかなとアンテナを張っていたのですが、どこも車で行かなければならないような遠方ばかり。
 駅前にはそれなりに飲食店があるものの、どこも私のお眼鏡にかなうところは無し。
 ふと、駅前を見回したところ「十割そば」なる看板が目に入る。
 つくば=そばっていう方程式は無いのだけど、何となく気になってお店に入ってみました。
 店の前に「ダッタン」と書かれたメニューがあったのだけど、ダッタンてなんだ?


 お店の人にきくと、モンゴル産の蕎麦らしく、蕎麦の健康成分である「ルチン」が通常の蕎麦の30倍もあるとか。
 漢字で書くと「韃靼」と書くそうです。
 とりあえず注文ですな。これは!
 それほど待たず、蕎麦が出て来た。
 見た目に少し黄色い感じ。
 とりあえず、そばつゆを少しだけつけて食べてみると、これがかなり美味しい!
 ほのかに甘みがあり、ソフトな舌触りも絶品!
 ソフトと言っても、駅前の立ち食い蕎麦のように、ソフト麺をお湯で暖めるというのではなく、ふんわりとゆで上がっているのだ。
 麺つゆもそばの味を殺さないくらいの濃度で、非常にこのそばに合う。
 いや~、美味しかったです。
 このダッタン蕎麦以外にも、田舎蕎麦とかもあったのですが、電車の時間が迫っていたので追加注文出来ませんでしたが、隣の客が頼んでいた大もりそばはかなりの量があった。
 いつもラーメンばかり食べている人間ですが、こういうおいしいそばなら毎日でも食べたくなります。
 つくづく大盛りを頼まなくて後悔しました悲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。