過保護な箱入り娘


 iPhoneて携帯電話なのでしょうかね?
 携帯電話は電話を架けたり受けたりできればそれで良い。
 個人的にはメールがやり取りできるのが凄い便利です。
 今まで購入して来た携帯電話って、扱いがもの凄く雑でした。
 液晶画面に保護シールは貼っていましたけど、本体の塗装が剥げようが傷がつこうが全く問題にもしませんでした。
 ところがiPhoneちゃんは違うんですよね。
 持っているだけで何だか幸せになれる感じ(^^;
 なぜか絶対に傷を付けたく無いのであります。


 前回紹介したとおり、iPhone本体にストラップを付けられるようになってから、カバーを交換しました。
 エアジャケットと呼ばれるタイプのもので、iPhoneの裏面を保護してくれます。
 それまでに付けていたカバーは、全面も保護してくれる反面、外観がよろしく無かったのですよ。
 エアジャケットに変えてから、全面がスッキリしただけでなく、iPhoneちゃんのフォルムを極力こわな無いデザインになってくれました。
 

 飲み屋で眺めているだけでツマミになります(^^;
 ところが、エアジャケットが付いていることを良いことに、それまで持っていた携帯電話のような扱い方をし始めてしまったのですよ~(ToT)
 気を許したらエアジャケットで保護されていない部分に傷がついてしまいました(ToT)
 原因はBluetoothヘッドセットを購入してから、iPhoneちゃんを無造作に鞄の中に入れてしまったこと。
 それから、折角交換したエアジャケット自体にも小傷が目立つようになってしまいました。
 しょせんエアジャケットなんて海外から取り寄せた300円くらいのものですが、まるでiPhoneちゃん本体に傷がついたような気分になりました。
 これもPalmやらあれこれ固いものが入っている鞄にiPhoneを放り込んだ為です。

 あれこれ考えて、iPhoneにフィットする布袋というものを購入しました。
 これも海外からとりよせたもので316円。
 候補として、iPhoneが入るくらいのデジカメケースも探していたのですが、なかなか良いのが見つからず、取りあえず布袋を買ってみようと思った訳です。
 外は真っ黒、内側は薄いベージュ色で、少し厚めの布製。
 起毛素材なのでiPhoneが傷つくことも少なそうです。

 袋の口には玉っころがついた紐と、輪っかになった紐が付いています。

 玉っころを輪っかに通すと口が締まる訳です。
 英語が出来ない私なので、英語でかかれた商品説明が理解できず、本当はこの紐を絞ればぎゅっと口が締まるものだと誤解してしまいました。
 まぁ、本来の目的は達しているのでこれはこれで良しとしましょう。
 この布袋を購入したのにはもう一つ理由があります。
 これまで約2ヶ月近くiPhoneちゃんを使って来て、色々なライフスタイルを考えました。
 特にGパンをはいて自転車に乗っている時、腰にiPhoneをぶら下げるようなことが出来れば良いなぁと思った訳です。
 Gパンにこの黒い布袋はあまり似合わないかもしれませんけど…
 カラビナのようなフックを付ければ、Gパンの後ろポケットの押し込まなくてもスマートにiPhoneを運ぶことが出来る訳です。
 Bluetoothヘッドセットを携帯していれば、直接iPhoneちゃんを手に持たなくても電話は受けられますからね。
総括
 布袋に入れて首掛けストラップを付ければ、iPhone本体に負担が掛からない点も良いです。
 カバーではないので、iPhone本体の美観を損なう訳でもありません。
 ただ、直ぐにiPhoneをいじれないと言う制約は有ります。
 このタイプの袋にカラビナを付けてしまうと、まずカラビナから袋を外し、袋からiPhone本体を取り出すと言う動作が必要です。
 しかし、私のようにiPhoneちゃんを鞄に入れて運ぶ人などは、この方がベターであると思います。