iPhone分解 (3) 液晶の交換


 よいこのおやくそく。
 せんきょうしくんの まねをして
 iPhone こわしても しらないよ。
 ぽけっと たたいても iPhoneは ふえないよ
 おさいふ からっぽになるよ

 まぁ、趣味でやってることですから…(-“-)


 フロントパネルと本体に分けてからの作業を書きたいと思います。
 ちなみに、今回ばらしているのはiPhone3Gです。
 同じ機種であっても、内部パーツの構成などが製造時期などによって、若干違う可能性もあるのでご了承ください。
 フロントパネルの側面にあるネジを外しましょう。
 一部目隠しになっているところも有るらしいです。
 私の手元にある奴は、すでに人の手が入っているので目隠しシールも貼ってありませんでしたが。
 最後に上記写真の赤丸を付けたネジを外せば、デジタイザ部分と液晶部分は外れるはずです…

 ネットを検索すると、上記写真のように液晶パーツ底面に平たいものを噛ませて、持ち上げると紹介されていますが、どうにもこうにも持ち上がりません。
 無理をすると

 液晶にひびが入ります。
 この液晶は入手した時、すでに割れていましたし、動作確認をしたら全く使い物にならないことが分かっていたので、分解実験をするには丁度良かったです。

 正解は、液晶パーツとフロントパネルの金属シャーシの間に、マイナスドライバーなどを差し込むのが良いようです。

 液晶パーツとフロントパネルの金属シャーシは、ネジ穴部分が凹凸になっており、これで二つの金属シャーシがしっかりと固定されるという仕組みです。
 今回私が分解したパーツは一度水没してしまったそうで、シャーシにさびが出ていました。
 そのため、金属シャーシ同士が固着してしまっていたようです。

 シャーシが外れたら、矢印方向に軽く引っ張るだけです。

 本当に簡単にばらせますよね。
 iPhoneの修理はメチャクチャ高いと言うけど、これだけばらしやすいものだったらドンと来い!って感じです。