北海道ラーメン 味源(3)

IMG_0255.jpg
味源 つけ麺 850円(普通盛りから特盛りまで同料金)
 今年、一番はまった漫画
聖☆おにいさん
の最新第6巻が発売されたので、外出がてら買いに行きました。
 そう言えば、朝から何も食べていない。
 ペッパーランチの300gステーキや、今ドンブリを貰えるキャンペーン中の吉野家を尻目にラーメン屋さんを捜します。
 間違いなく美味しいお店には行列ができている。
 しかたがないと思いつつ、久しぶりに「味源」に辿り着きました。


 このお店は前回訪れた時(2009/04/08
もう来るか!
と最低評価を出した店です。
 だけど、なぜ今回入ったかと言うと
特盛り 740gで850円
という値段を見たからです。
 コストパフォーマンスは大事ですから。
 さて、店に入ったら、10席程あるカウンターは一杯でした。
 すでに食べ終わっているお客さんもいたので、その後それ程待ちはしませんでしたけどね。
 最近ではめずらしく、食券制ではなく店員さんに直接メニューを注文します。
 つけ麺特盛りです。
 ちなみにカウンターに書かれていた麺の量は
普通盛り(1玉) 370g
大盛り(1.5玉)555g
特盛り(2玉)740g

となっていました。
 実際に来たものは一番上の写真です。
 この時も同じ2玉注文したのですが、150円の追加料金を払っていると記録されています。
 参考までに前回頼んだ時、出て来たのが下の写真で、実際には麺が乗っている蒸篭を2枚出されました。


 ツイッターにも書きましたが、結論から言うと
酷い
の一言につきます。
 お腹はふくれましたが物を食べたと言う満足感は得られません。
 何が一番行けないかと言うと、麺です。
 生茹でで芯が残っています。
 まるでアルデンテより固く茹でたスパゲッティーの感触です。
 これにごま油が掛かっているのです。
 最初に麺だけ食べてみましたが、凄くゴワゴワしていて
こりゃだめだ
と思いました。
だめだ!茹で直せ!
と言いたくなりました。
 勿体ない星人なので一応麺は最後まで食べました。
 早めに割りスープを貰って、麺にかけてみましたがまったく麺は柔らかくなりません。
 ごま油のコーティングのせいかも知れませんが、そもそも芯があるような生煮えなので無駄な抵抗というところです。
 前回スープの食感が面白いと書いたはずなのですが、今回食べたスープは何も良いところは見つけられません。
 味噌だか豚骨だかよく分からないスープです。
 当然スープは飲み干しませんでした。
 こんなお店がまだ営業を続けていること自体不思議でなりません。
 つけ麺以外の汁有り系がそこそこ良いからなのかな?
 馬鹿ですよね~
 前回も同じような評価を出した店に、3回も訪れるなんて。
 流石に4回目はないです。
 はい、さようなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。