Coin dozer

59
 意外だと思われるのですが、宣教師さんはゲームをほとんどしません。
 暇つぶしに脱出ゲームをやることはあります。
 すぐに飽きてしまうんですよね。
 ところが、もの凄い長い間やっているゲームが有るんです。
 それが
Coin Dozer(コインドーザー)
なのです。


 iPhoneやiPod touchのアプリというのは人から教えてもらわないとよく分からないものばかりです。
 私がCoin dozerを知ったのはスタパ齊藤さんの動画サイトで紹介されたからです。
 軽い気持ちで始めたのがおそらく平成22年の11月頃だと思います。
 つまり半年近く遊んでることになります(^^;
 勿論大震災が有ってから1ヶ月くらい遊ぶ気になれませんでしたけどね。
105
 遊び方は簡単。
 上の方にコインを落として手前の穴に落としたらコインをゲットできます。
 横にある谷底みたいなところに落としたらコインは帰ってきません。
 ゲームセンターなどにある、同じようなゲーム機との違いは、時間が経つとコインが自動生成されるということです。
 つまり、手持ちのコインが無くなっても又プレーできるという訳です。
 スタート時点は40枚のコインがあるのですが、5分程度で手持ちのコインが無くなってしまいます。
 非常にしょぼいです。
 だから同じCoin dozerシリーズを片っ端からやることになります。
dozer app
 現在6個のアプリが無料で手に入ります。
 有料版も有りますが、内容は全く変わらず、下に広告が出るかだけです。
 うさぎのアイコンは一個のアプリで3つのドーザーができる特殊なもの。
 他にもコインではなくクッキーを落とすもの、スペシャルコインの演出やプレゼントが個性的なものも有ります。
 私の場合、なんだかハロウィンのアプリが妙に気に入って現在に至っています。
PRIZE
 ゲームを進める上で重要なのが上のPRIZEというアイテムです。
 ランダムに落ちてくる色々なアイテムには一組集めると特定の効果が発生します。
 コインの生成時間が早くなったり、横の穴を塞ぐウオールの制限時間を延ばしたり、横穴にスペシャルコインやPRIZEが落ちてもOKになる可能性が高くなるなど効果は様々です。
 PRIZEアイテムはコインに変換する事も出来るのですが、一応コンプリートするまでは換金するのは辞めた方が良いです。
378
 
 ちょっと開いた時間でぽちょぽちょやるだけですのでなかなか進みませんが、遊び始めて2ヶ月もするとPRIZEの効果も徐々に現れ、100枚単位のコインが手元に残るようになります。
 この時点になるとコインを全て無くすのも至難の業になりますし、永遠に遊ぶ体制になります(^^;
 PRIZEアイテムはそれぞれ6個以上集めても効果は出ないようなので、6個を上限にコインに換金します。
2714
 ここまで来るのにもの凄い時間が掛かりました。
 凄く興奮するゲームではないです(^^;
 色々コインを置く位置を試行錯誤するのですが、これと言った攻略法と言うものはありません。
 ただ、長いことやっていてヒントはあります。
 コインをフロアーに落としても数割は横に落ちてしまいます。
 減る一方なので手持ちのコインが無くなってしまいゲームオーバー。
 これは最初の頃の話です。
 横に何割かのコインが落ちても「一枚で数枚の価値のあるコイン」を沢山手前に落とせばコインは増えます。
 様々なイベントが発生するコインも数種類有って、タイミングが合えば沢山のコインをゲットできます。
 言うのは簡単ですが、さてどうするか…
 結論から言うと、一度に複数のコインを落とすと、一枚で数枚の価値があるコインを発生させることができます。
 ステージレベルによって蚊スペシャルコインの発生条件はことなりますが…
 一度に複数のコインを落とす為には、積み重なるようにコインを置くのが良いと分かりました。
ごちゃ
 こんな感じでフロアーにどっさりコインを置ければ「ジャンボコイン」の落下(何言っているか分かんないでしょうけど)や、ウオールで横穴を遮られたとき、より沢山のコインを手前の穴に落とすことができ、効率よくスペシャルコインも生成できる訳です。
 あと、これは現在も検証中の話なのですが、一度に落とすコインは3枚が良いみたいです。
 そして

みたいな形になるように下に2枚上に1枚置くようにすると、フロアーに沢山のコインを置くことができます。
 さて…
 このゲームに終わりは有るんでしょうか?
 動画サイトを検索したら、1万枚の瞬間というものも有りました。
 既に書いた通り、ある程度のスキルと数千枚単位のコインが手に入ると、よほど考え無しにコインを落とさなければ増える一方になります。
 しかしながら、増えると言っても1時間の間に100枚以上の浮き沈みが有る時も有ります。
 これからも完全に飽きるまでは定期的にコインの枚数を報告しようかな~なんて考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。