日常韓国語会話ネイティブの動詞160

 今井先生の最新刊が発売されました。
 今回は今井先生がブログで連載していた「究極の動詞400」の中から160個の動詞をピックアップして書籍化したそうです。

 この本を読みながら「単語グルメ」なる言葉が浮かびました。
 韓国語の単語を高級食材のように味わうという雰囲気でしょうか。
 私がこれまで韓国倶楽部で勉強した(?)単語とは違い、王道であり、一つ一つの単語が海の幸、山の幸、粒ぞろいの食材のよう。

 良い食材が有れば美味しい料理の構想が膨らみます。
 そしてその単語で作られた文章はシンプルでも食べ応え十分。
 奇をてらってないのに新しいフレーバーを感じる。
 まさにグルメの舌を満足させる一品に仕上がっていると思います。

 一つの動詞ごとにネイティブらしい会話文章を3組も作られています。
 本当に並大抵の事ではなかったと思います。
 それだけでも凄いのに、文法的な活用や3パターンの会話以外に、動詞を使ったよく使うフレーズまでまとめられています。
 この本を手にした人は、こんな動詞にこんな使い方が有ったんだ、こんな時に使ってみよう!となると思います。

 CD2枚組。
 ネイティブのスピードで耳からも勉強ができます。
 今年最初の超お勧め本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。