iOS5.1無限ループトラブル解決までの道のり

 平成24年3月7日(日本時間8日未明)に最新型iPadが発表され、同日AppleのiOSデバイス用最新OS「iOS5.1」がリリースされた。
 今回のiOSバージョンアップの目玉はなんといっても

Siriの日本語対応

である。

 Siriとは人工知能みたいなもので、iPhoneに向かって声で命令すると秘書みたいに答えてくれたり、アプリを動かしてくれたりする優れものだ。
 Siriがどれだけ面白いかってあれこれ書きたいのはやまやまであるが、今回iPhoneのOSをSバージョンアップする際、Siriが引き金になって大問題を引き起こした。

 現段階で、無限ループに陥る原因はSiriであるとほぼ特定されたと言って良いと思う。
 私のiPhone4SもOSをiOS5.1にバージョンアップしたところ、設定画面から抜け出せず無限ループに陥ってしまったのだ。

 結論を先きに書いておくと、この無限ループ現象はiPhone4Sのバージョンアップをする際に起こりうる現象であり

OSのバージョンアップをする前にSiriを使用可能にする

だけで、容易に回避できる問題のようである。

 ここから書く事は同じような現象に未だ悩まされている同士への救済策の提示であり、過去にこんな事件が起きてしまったと言う記録である。
 Appleは現時点でもこのトラブルに関してアップデータの更新はおろか、公式にこの現象が起こっていると言うことすら明らかにしていない。
おそらく一部のユーザーの間で起こる特異な現象ととらえているのかもしれない。

 さて、無限ループ状態を説明しよう。

 まず私はiPhone4Sを購入した直後からSiriを利用できなくしていた。
 iPhone4Sが発表された後、iOS5.0もリリースされた訳だが、バッテリーが異常に早く無くなると言う現象が起きており、数週間後にバグフィクスされたiOS5.0.1でも完全な克服はされていなかった。
 バッテリーの消費を抑える為には利用しない機能をオフにするのが基本ですから。

 また、SiriはiOS5.0でリリースされた直後、英語圏の言葉しか理解してくれず、英語が苦手な自分がSiriを利用しようと思いませんでしたからね(^^;

 ちょっと脱線してしまったけど、不幸な事にSiriをオフにした状態でiOS5.1にバージョンアップしてしまった訳です。
するとこんな状態になりました。

 途中は端折りますけど、アップデートが完了すると、iPhone側でちょっとした設定を選択してやります。
 新しいiPhoneとして設定する場合、位置情報の利用の可否やSiriの利用可否も出てきます。
 私の場合、以前使っていたiPhoneの設定を引き継いだのでSiriの設定は飛ばされ、Wi-Fiの設定画面が出てきて終わりだったかな…

 そうすると

 「iPhoneを使う」ボタンを押して終了。
 よっしゃー!新しいOSで遊んでやろうじゃないの!と意気込む訳です。

 Appleマークが現れて…

 キラーンと光り〜の

 シュン!とブラックアウトし〜の、一瞬見慣れたいつものデスクトップが現れるのですが、その直後…

 なんかイチからやり直し状態すか!Σ( ̄□ ̄|||)







 これが無限ループモードです(ToT)

———-
 ネットで同じような症状に陥ったユーザー達のディスカッションを見たところ

・電話を受けたら無限ループから抜け出せた
・FaceTimeを受けたら無限ループから抜け出せた
・バッテリー残量が20%を切ったという表示が出た後無限ループから抜け出せた
・iPhone3GSのバックアップファイルからだと復元が出来た

という解決策が出ておりました。
 電話一本で無限ループから抜け出せるのならと、奥戸商会に電話して貰うようお願いしたのですが、暫くたって奥戸商会から

電話が通じない

と言われてしまいました。

 それじゃ次にFaceTimeを試しました。
 奥戸商会からFaceTimeの接続依頼が入り、無限ループ状態でもテレビ電話できました。
 しかし、FaceTimeを終了しても無限ループから抜け出せませんでした。
 もしかしたら後で分った解決策の用に電源ボタンの長押しなどのコンビネーションを使えばFaceTimeでも無限ループからの離脱は可能だったのかも知れません。

 その次にiPhone4を利用して復元を試みましたが、手元に有ったiPhone4は液晶が写らないジャンク品で上手く作業できませんでした。

 さてさて、無限ループ地獄が始まって数日経った本日、これぞっていう離脱方法を編み出した人の記事を読みました。
 名付けて「緊急電話112」作戦です。

 ネットワーク選択画面になったとき、ホームボタンを押すと緊急電話として利用するボタンが現れます。
 ここで緊急電話を選択します。
 緊急電話で112をプッシュして電話をかけ、ナレーションが始まったら電源ボタンを長押しして「電源オフ」を出します。
 その次に「電源オフ」は押さず、下の「キャンセル」ボタンを押して緊急電話モードに戻ると、上方に緑色のバーが表示されます。
 この緑色のバーになんと書いてあったかスクリーンショットが上手く取れなかったのですが、この緑色のバーを押すと今まで使って来たデスクトップ画面に行くことができます\(^o^)/
 ただし、この後にSiriを利用可能にしなければ、電源オフした後、また無限ループ状態になるので注意が必要です。

——-

 さて、無限ループ状態から抜け出せない間、仕方なくまっさらな設定のiPhoneとして利用しました。
 アドレス帳や予定表はiCloudというクラウドシステムで運用しているので問題ないのですが、ほとんどのソフトはアプリ毎にデータを持っているため、新しい状態で使えと言われても困ってしまいます。

 一番困ったのは家計簿でしたね(^^;
 iPhoneをアップデートする数日前から家計簿の入力をさぼっていたため、未入力のレシートが相当溜まっていまいました。

 OSのバージョンアップにトラブルはつきものですが、今回はかなり厳しいものでした。
 この位で復旧できて本当に良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。