はとバス旅行(3)食際館で昼食

 11時頃、食蔡館という施設に到着。
 ここは1階に土産物売り場、2階に食事ができるスペースがあります。
 今夜一泊するホテルと同系列の施設だそうです。

 美味しそうな物ばかりが並んでいるじゃないですか!
 一見ありふれた素朴な料理ですが、どれもこの土地ならでわの工夫がなされているそうです。

 地元で取れた人参と地鶏のクリーム煮。
 いわゆるシチュー味だけど柔らかく炊いてあって美味。

 信州味噌を隠し味にした豚の角煮だそうです。
 どれもクリーム煮もこれもメインディッシュだよ\(^o^)/
 贅沢な食事です。

 中央のものが諏訪湖で取れた小魚と海老の甘露煮
 右下が野沢菜とメカブの和え物。
 左下が塩イカとキャベツのお造り。

 塩イカというのは、昔信州の人が山国のため海の物をどうしても食べたいと考え、イカを塩漬けにして運搬して来たと言う歴史があるそうです。
 このイカは塩をぬいてからキャベツと合わせてあったのですが、適度な塩加減がなかなか良かったです。

 サラダですが中に名物の糸寒天が入っています。
 体に良さそうです。

 デザートに牛乳プリン…
 いや、これはやはり名物の寒天で固めた牛乳寒天なのでしょう。
 ほのかな甘さが大変美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。