ラーメン むねや


豚入りラーメン 700円
 おいしいラーメンを探しまわっている訳であるが、グルメマップに頼らず新規開拓するのは意外と難しい。
 だが、町をうろついているうちに気に入ったラーメン屋を見つけることが出来る喜びはひとしおである。
 いや、まぁ、そんなことは滅多に無いんですけどねショック


 奥戸商会から
●×駅のホーム下にラーメン屋が有るよ
という情報を聞きつけた。
 そんなラーメン屋見たこともきいたことも無い。
 それでどんな味だったの?ってきいたら
店を知っているだけ。自家製麺というのが気にかかっただけ…
とのこと…
 確かに自家製麺というのは気にかかる。
 とりあえず行ってみることにした。
 土曜日の昼下がり、もう特に予定がないので、ラーメン屋でビールをカックラウのも良いかも知れない。
 そう思って財布の中を見たら
700円
しか入っていない。
 これじゃへたすりゃラーメンすら口にすることは出来ないかも…
 そんな不安を抱きつつ、やってきました。
 店に入ると、先客が一人。
 結構広い店内ではあるが、中央には巨大な厨房があって、店員さんが一人。
 カウンターに椅子が10脚程。
 だけど、がらーんとしているんだな。これが。
 食券制になっていて、メニューを見ると、基本的なラーメンにトッピングを増やすタイプのバリエーションで、味噌とか醤油とかあれこれやっている店ではないことがわかる。
 その中に豚入りというメニューを発見。
 このメニューの名前は「ラーメン二郎」と同じで、ようするにチャーシューメンみたいなものだろう。
 財布の中身も700円。
 これ行ってみますか!
 食券販売機の脇にチラシが張ってあって
・自家製麺を使用
・国産小麦使用
・無添加

 なんて主張が書いてあった。
 さぞかし美味しいのでしょうね。
 期待してますよ!
 カウンターの椅子に座る。
 この椅子がもの凄く背が高く、後からやって来たラーメンを覗き込むようになる。
 トッピングは叉焼と細切りにしたキクラゲ、そして中央に盛られたもやしと、至ってシンプル。
 まずスープを一口。
 醤油豚骨ラーメンですね。
 それでいて鰹節系の結構濃い味。
 豚の背油チャッチャ系。
 若者向けの味付け。
 さて、肝心の麺だが太いチジレ麺だと思った…
 だが、何か変だ。
 凄くごわごわしていている所も有れば、煮すぎて柔らかすぎるところもある。
 なんだこれは?
 ようするに自家製麺ということは、手で麺を切っているのかな?
 だから出来の悪いうどんみたいなもの。
 製麺の段階でかなりムラが有るのかも知れない。
 普通、太麺はスープに良く絡むものなのだが、だまになった小麦粉の味が前に来て、スープとのコラボレーションを起こしていない。
 だめだこりゃ…
 スープの出来は及第点だが、売りであるはずの自家製麺が足を引っ張っている感じ。
 もう行きませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。