iTunesミュージックストアにもの申す


 最近「iTunes」という音楽総合ソフトがバージョンアップされたのだが、個人的にはあまり変化が見られない気がしていた。
 雑誌などを見ると購入した音楽をiPodからPCに逆ダウンロード出来る機能など、細かい部分で顧客のニーズに答えているようだ。
 もう一つ気になった新しい機能というか、サービスが
アートワークのダウンロード
だ。
 簡単に言うと、CDのジャケット情報を後から入手出来るというものらしい。
 これまでもiTunesミュージックストアで購入した音楽にはアートワーク情報が添付されていたそうだが、私のように韓国の歌謡曲は扱われておらず、インターネットに散らばっているジャケット情報を貼付けたり、デジカメやスキャナーで取り込んだデータを貼付ける作業がめんどくさかったんですよね。
 まぁ、iPodで表示させる分には十分だったのですけど。


 iTunesをあれこれいじっていたら、「アルバムのアートワークを入手する」という項目が出て来たのだが、この機能を使うにはAppleのiTunesミュージックストアに登録をしないといけないらしい。
 これまでも、無料で入手出来るお試し版音楽やムービーデータをダウンロードするためには登録が必要であったのだが、そこまでして無料音楽が欲しい人間ではなかったので先送りしていた。
 今回はこのアートワークのダウンロードを試したかったので、登録してみたのだが、残念なことに韓国のK-POP関連は壊滅的で、ダウンロード出来ませんでした悲しい
 これにはいくつか理由がある。
 CDをPCに入れると、インターネットに接続されいれば自動的に
1.アルバム名
2.歌手名
3.曲名
4.ジャンル
などの情報を検索してくれる。
 アートワーク情報も、この情報の一部に含まれているわけなのだが、私の場合自分の好みで歌手名などをいじってしまうことが多い。
 なにしろ、韓国のCDはアルファベット表記で登録されていることもあれば、英語風な名前でもハングル登録されているのもあるので、統一を期すために仕方が無いのだ。
 もちろん、まだアートワークの登録も進んでいないだろうから、これからの発展を見守りましょう。
 Appleミュージックストアに登録したと言うことはですね…
 もうすぐにでも音楽をダウンロード出来るってことグッド
 曲を購入したらアードワークも一緒についてくるようだし、試しに何か買ってみましょうか!
 先日ブログに書いたWAXの「赤い糸」を探して見たのだが、見つからない悲しい
 ところが、WAXのアルバムが全てミュージックストアで販売されていることが分かった。
 それもアルバム1枚分で1200円。
 これはリーズナブルな値段ですね。
 本国でもこのくらいの値段だし、日本の下手な韓国系ショップに行くと倍以上ぼったくられることを考えるとなかなか良い商売していると思います。
 個人的には、やっぱり歌詞カードとCDが無いと「ものを買った!」って気がしないので微妙ですけど。
 あと、このミュージックストアは日本で売られているらしく、タイトルや曲名が全て日本語訳されているのが納得いきませんね(-_-#
が「お兄ちゃん」
 が「化粧を直す」

 ださい!ださすぎます!
 なんだよ!その機械翻訳は!
 確かにオッパはお兄ちゃんという意味もあるけど、恋人を呼ぶ代名詞的な意味もあるので、日本語ではちょっと翻訳しきれない。
 だからオッパのままでいいと思う。
 「ファジャンウルコチゴ」は「化粧を直して」と訳すのが歌のタイトルとしてもしっくり来るのになぁ悲しい
 とにかく、日本人向けに売られているのは仕方が無いけれど、やはりハングルで登録してくれるのがベストだと思う訳ですよ。
 本当に!
 正直、韓国本国ではあまりアップル社製品が売れていないし、ミュージックストアに関してはアメリカに丸投げみたいなところがあって力を入れていない感じがします。
 まぁ、韓国もコピーマンセー王国ですから、ミュージックストアに金をかけなくても、どこからかダウンロード出来るという考えがあるのだと思うけど。
 もったいないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。